リビングから東側の中庭を見る。
アンチスリップ鋼板のパンチングとスリットのバランスで
外部からの視線は気にならないが、
緩やかに内部と外部を繋ぐよう計画した。