左手はガラス壁。右手はアンチスリップ鋼板を用いている。