この住宅は施工会社さんからの依頼で設計をおこないました。
マンションを購入する価格帯で、魅力的な住宅を提供をしたいという要望がありました。
そこで狭い変則な敷地を選ぶことで土地のコストを抑え、その狭小スペースでいかに豊かに暮らすかをテーマに計画をおこないました。
この敷地周辺には河川が流れ、眼前にはのどかな田園風景が広がり、心地よい風が吹き抜けます。南面には大きな開口とテラスを設け、その土地の柔らかな空気を室内で感じることができます。なお、外部からの視線はアルミのルーバーにより遮られ、テラスが内部と外部を程よい距離で保ち、繋いでいます。
移ろいゆく何気ない日常が、柔らかい光をまとう特別な記憶となる。
そんな住宅を目指しました。