2017.09.22

豊島再訪/「豊島美術館」

現在、浪人をしている娘は、建築系の大学にすすむようで、
AO入試に向け、自己推薦文を書くにあたり、「豊島美術館」に行きました。
 
03
 
2010年、瀬戸内国際芸術祭を巡った時、豊島を巡りましたが、
「豊島美術館」はまだ工事中でオープン前でした。
その時、小学6年生。
中学に入ると、部活や勉強の都合で訪れることが出来ず。
その間、反抗期に入り、あいさつも会話もつっけんどん。
ぼくもそうでしたが、大人になる過渡期で、
本人はとても葛藤していたのだと思います。
今年に入り、受験校の決定など会話する機会が多くなり、受験を終えた頃から、
以前のように屈託のない笑顔で話をしてくれるようになりました。
ともに、受験を闘ったという意識からでしょうか、
ともかくひとつの苦難を乗り越えたようです。
 
R0012910
 
2年前、高校2年生の時、東京へオープンキャンパスに行きました。
「商業施設の設計がしたい」という娘を、表参道に。
ここには、世界の名だたる建築家のファッションビルが建ち並んでいます。
安藤忠雄「コレッツィオーネ」、ヘルツォーク&ド・ムオロン「プラダ」、
青木淳「ルイ・ヴィトン」、妹島和世+西沢立衛「ディオール」etc.
学生時代から、何度も訪れた場所です。
その際も、最小限の説明しかしませんでした。
もちろん、普段なら、建築家が何を考え、何をどう表現しているのか
細部にいたるまで解説します。(笑)
それでも、その時は「ふ~ん、よく知ってるね」という塩梅。(笑)

その頃から考えると、娘と建築やアートについて、
また、それに関わった人たちの話をするのは、夢のような至福の時間です。(笑)
今回は、ふたり旅。
 
Img_6979web
 
台風の過ぎ去った後、快晴の瀬戸内海を渡り豊島へ。
家浦港から自転車で「豊島美術館」へ。

2007年香川県建築士会の講演会の講師として、
建築家西沢立衛氏をお招きした際、
この「豊島美術館」の素となる計画案のお話を伺いました。
当時は、直島に建設予定でしたが、瀬戸内国際芸術祭の開催が決定の後、
現在の場所での計画となりました。

島の起伏の頂点を越え、消える道の向こうに海が見えます。
その道を下ると、眼前にはパノラマに広がる瀬戸内海、
左手には豊かな表情の棚田。
そして、右手のこんもりとした森に包まれるように「豊島美術館」が見えます。
 
Img_6935web
Img_6937web
Img_6989web
 
敷地に入り、斜面に埋めこまれた受付でチケットを購入し、美術館へ。
美術館へは、小径に導かれます。
木々の木漏れ日を抜け、海に開き進みます。
美術館に近づいたところで、靴を脱ぎます。
 
Img_6939web
Img_6938web
Img_6941web
Img_6943web
Img_6949web_2
Img_6954web_2
 
美術館の空間は、3次元に膨らんだ260mmの厚さのコンクリートの
床板で出来ています。
小さな入口と、2か所の大小の円形に切り取られた開口にガラスはなく、
空の明るさが美術館内部の照度となり、刻々と動く太陽により、
照度分布が変化します。

ちなみに、内部は撮影禁止ですので、掲載の写真はネット上のものです。
 
Teshimaartmuseumiwanbaan3
Teshimaartmuseumnoborumorikawa4_1
Teshimaartmuseumnoborumorikawa91
7
 
よくみると、床には水滴が散在しています。
「母型」と名付けられた、内藤礼さんによる作品です。
床から生まれた小さな水滴は、しっかりと膨らみ、
耐え切れなくなると勾配によって動き出します。
するすると動く水。
ゆっくりとゆっくりと、キラキラと動く水。
寄り添う水。
離れる水。
 
Teshima_museum_topthumb1440x967152
Artist
 
床と水にやわらかく反射した光に満ちた空間。
初めて訪れた時は、空間を意識するあまり気を付けていたつもりでしたが、
靴下がびちょびちょに濡れました。(笑)

台風が過ぎた後のやや強い風が、
いつもよりわずかに強い木々の音を生んでいました。

西沢さんのコンセプトは、当初より水滴でした。
当初のアーティストは、具象の彫刻家でしたが、
空間のイメージが明確になる中で、内藤さんに。

まったく外の空間。
洞穴の奥の空間。
場所により開放感・閉塞性が異なります。
2か所の円形の開口部のリボンは、風に乗ってゆっくりと舞う。

建築空間と作品が不可分な関係となり、どちらも生命の権現である水からなる。
 
B0246531_16362921
1e6596cf
Img_0004
Teshimaartmuseumnoborumorikawa91_2
 
直径2mmの186か所から生まれる水。
拝観者は、静かにゆっくりと水の動きを見つめる。
移ろいゆく時間に、自らの存在を重ねる。
自己の内奥に深く問いかけるような、豊かな空間でした。
 
04
07
 
工事施工は、親友の池口泰彦さんがベネッセ営業担当の鹿島建設。
監督は、豊田郁美さん。
この3次曲面のコンクリートを如何にきれいに仕上げるのか苦慮した豊田さんは、
毎朝、ゆで卵を食べ、どうすればきれいに殻が外せるのか研究したようです。
結果、土を盛って締固め、表面にモルタルを塗って型枠としました。
床には、撥水剤が塗布されています。
水のはじき加減で、水滴の形状、動きが変わります。
内藤さんと何度も試行錯誤を繰り返したようです。


同級生の建築家安部良さんの「島キッチン」でスィーツを食べ、
クリスチャン・ボルタンスキーの「ささやきの森」へ。
木々を深く分け入ると、落ち葉を踏む足音の向こうに、涼やかな音。
願い事の書かれた札が生む、風鈴の森。
 
Img_6955web
Img_6959web
Img_6962web
Img_6965web
Img_6968web
 
「豊島横尾美術館」では、2010年の民家での作品の赤い石の庭が蘇る。
横尾忠則のエネルギー溢れる世界観に圧倒される。
 
Img_6973web
Img_6978web
 
最後は、当時、竣工へ向けて追込み工事中だったトビアス・レーベルガー。
ここでも、スィーツを。(笑)

真っ黒に日焼けし、無邪気だった小学6年生の娘と廻った豊島。
自我の葛藤を乗り越え、
また屈託のない笑顔を見せてくれるようになった19歳の娘。
当時の印象を振り返りながら、年齢を重ねた今だから出来る、
作品について、建築について、作家についての会話は、
台風の風が厚い雲を拭い去った空、
多くの雨水をなみなみと湛えた瀬戸内海の豊かな表情と共に、
忘れられない時間となりました。
 
Img_6980web
 
まだまだ、受験は続きますが、今日のこの時間が
がんばるエネルギーとなればと願います。

| | Comments (18)

2015.01.05

謹賀新年2015

新年あけましておめでとうございます!

本日より、始動いたします!

今年は、人生の大きなターニング・ポイントとなりそうな予感です!

Image20151

これまで蓄え培って来た自分の持ちうる能力を
全身全霊力の限り発揮する覚悟です!

本年もよろしくお願いします!

| | Comments (121)

2014.08.04

甲子園出場!

甲子園大会に出場してきました!!!

Dsc02184_579x433_2
Dsc02213_600x800 

といっても、高校野球ではなく、ロータリー・クラブの野球大会で、
所属する「高松南ロータリー・クラブ」の選手として出場しました!

言うまでもなく、甲子園は野球をする人間にとっては、憧れの聖地。

しかし、ぼくは、ものごころついた時から「プロ野球で活躍すること」が、将来の夢であり目標でしたので、小学4年生の時に、高松商業の応援で初めて甲子園を体験するも、生意気にも「プロに行く前に、何度か甲子園くらい来るだろう」と思っていて、興奮するどころか何の感慨もなく、試合展開や采配、試合の流れを読んでいました。

ところが、2009年に娘と甲子園に桜町中学の後輩、高橋涼平くんの
寒川高校と日本文理の試合を観に来た際に、その美しさと臨場感に
圧倒され、感動しました。

そして、その日本文理と広島の堂林翔太の中京大中京の決勝戦も観戦。

Dsc02130web
Dsc02144web
Dsc02143web
Dsc02153web

今回、春には甲子園出場が決まり、マウンドに上がるべく、
日々、コンディションを調整してきました。

試合前日の金曜日の夜に、参加12チームが集まる前夜祭があり、
ぼくは、前夜祭から出席。

それが、その前日の木曜日の朝、右足カカトに激しい痛み!
その日の朝は走ることもできず、歩くのがやっと。

一日様子を見るも、痛みは治まらず、かかりつけの整形外科へ。
レントゲンを観た先生は「痛風ですね」と。

え~っ!!!
これまで、尿酸値が高かったことはないし、食事は高タンパク
低カロリーと野菜の摂取に気をつけてるし、何で~~~!?!?!

と言ったところで、痛みが収まるわけでもなく、
翌日に試合があることを伝え、痛み止めの注射とロキソニン。

しかし、痛い!あまりにも、痛い!!!

同行の秋山俊二さんは、マスターズ陸上でアジア記録を持つアスリート
ですが、ぼくと同じく大のビール好き!(笑)

その秋山さんに症状を伝え、前夜祭の乾杯からビールを飲まないことを
伝えると、「痛風じゃないから、ビールを飲もう!!!」と。(笑)

前夜祭を終え、秋山さんと、73歳の大橋投手に小野さんの四人で、
三宮での二次会へも足を引きずりながらの移動。

試合当日も、痛みは消えず、夕方からの試合なので、
お昼にロキソニンを2錠。

甲子園への入口は選手と同じ6号門!

入るとすぐに、選手がバッグを担いでスロープを登り、
監督などをインタビューするスペース。

着替えは、一塁側ロッカールームを使用。
ユニフォームに着替えて、室内練習場でアップ。

恐る恐る走ってみると、全く痛くない!!!

ロキソニンが効いたのか、アドレナリンのせいか!?!
とにかく、まったく痛くない!!!(笑)

Dsc02155web
Dsc02159web
Dsc02157web

グラウンドに出ると、その美しさに心を打たれます。

甲子園球場は、この場所で野球をすることを夢見た
数多の高校球児の思いが詰まっているからなのか、
ここで繰り広げられた百万のドラマの舞台だからなのか、
グラウンドと客席が一体となった、素晴らしい球場です。

高揚感あふれる臨場感は、そのかたちだけでなく、音が生み出します。
打球の音や歓声は、特別なライブ感に溢れる臨場感。

グラウンドに降り立つと、客席とは全く違う光景。
手入れの行き届いたグラウンドはとても美しく、
それを優しく包み込むスタンド。
まさに、夢舞台!

Dsc02166_532x800
Dsc02185_800x598
Dsc02165_800x600

先発は、我がチーム最年長の大橋康範投手!
ぼくの母と同じ年の73歳!!!

今期は、4試合に登板し、3試合で2イニングスを無失点と好調!
すると、なんと2イニングスを無失点と完璧な投球!
大橋投手、甲子園でもみせてくれました!

相手は、和歌山県の海南東ロータリー・クラブ。
左腕投手は、よいピッチャーでした。
球は低めに制球され、甘い球がありません。

2回を終わり、0-0の状況で、マウンドへ。
ブルペンでは、久しぶりに肩の痛みを気にせずに投げました。
もちろん、この時には「痛風」の痛みはすっかりありません。(笑)

マウンドの土を均し、キャッチャーへ視線を向けると、
視界に入る全ての客席は、マウンドへと向かっています。

球場の中でも、その中心。
まさに「舞台」です。

マウンドからの光景は格別で、勇気と力を与えてくれます。

Dsc02199
Dsc02196_790x594
Dsc02179_697x526
Dsc02173_800x598
Dsc02184_579x433
Dsc02168_736x551
Dsc02198_679x510
Dsc02170_652x488 

相手左腕に、外へ逃げながら沈むツーシームをうまく拾われ、
1点を奪われましたが、3回を投げ切りました。

甲子園で試合をしているという感慨は全くなく、
この舞台でよいプレーをすることだけに集中していました。

甲子園には魔物が潜んでいて、通常では考えられないような
プレーが起こることがありますが、その雰囲気を少し体験できました。

試合は、均衡した試合となり、3-1と2点ビハインドで迎えた最終回、
秋山さんの執念の一打で1点差に迫るも試合終了。

しかし、緊張感のある良い試合で、甲子園球場に失礼のない
試合だったのではないかと思います。

Dsc02192_701x527
Dsc02193_800x600
Dsc02194_800x599
Dsc02216_800x600
Dsc02221_800x533
Dsc02223_800x533

今度は、この場所で、満席のお客さんが入った状態で試合をしたいと思いますが、この望みをどう叶えれば良いのかまだわかりません。(笑)

| | Comments (51)

2014.05.20

「いってら!」

高校生になった娘は、目一杯、高校生活を堪能しています。

小学生の時には、朝から目をキラキラさせて「おはよう!」。

それが、中学に入った途端、消え入るような声で「ぁょ」。

自立への道程とはわかってはいるものの、寂しいものです。

家庭内での言葉遣いも乱暴に。

でも、外ではすごくいい子で頑張っている。

これは、正しい成長の過程で、誰にでも大なり小なりあること。

055_600x800

高校生になると、中学時代から少し吹っ切れたようで、
学校のことなど、屈託なく話すようになってきました。

週の半分は部活の後に塾に行ってますから、
帰宅時にぼくが起きていれば少し話をします。

朝は、朝食を摂りながら、その日の予定など。

朝、ぼくが最初に出掛けます。

「行ってきます!」と言うと、返事は。

「いってら!」

コレ。

ぼくも同じ頃、父にそう言ってました。

「いってらっしゃい」と言うのも気恥ずかしく。

なので、やや省略。

しかし、この言葉を他で聞いたことはないし、
もちろん、教えたこともありません。

偶然、娘はこの言葉を発したのか?

これも遺伝子のなせるワザなのでしょうか?!?

| | Comments (1017)

2014.05.09

高校入学

娘が高校生になりました。

中学の卒業式から合格発表までの5日間は、
不安な気持ちを紛らせるように、
受験勉強から解放され、一心不乱に遊び倒しました。

そして、無事志望校に合格しました。

034

合格してすぐに、説明会と必要なものの販売。

教科書と参考書でなんと46冊!!!

そして、あっという間に入学式。

Dsc01885web
Dsc01890web

ぼくも通った高校。
ちなみに奥さんは高校の同級生。
姉も弟も同じ高校です。(笑)

卒業生には、中西太さんを始め、大藪春彦、尾木ママこと尾木直樹さん。
ぼくのふたつ上の姉の同級生にはナンチャンこと南原清隆さん。
一年生の時の学園祭で、ナンチャンが落語をしていました。(笑)

唯一の高松市立の高校だからか、自由な雰囲気。
姉がとても楽しそうで、それを見ていてぼくも決めました。



当時から、それなりに進学校でしたが、学校に受験の雰囲気は希薄で、
名門進学校復活ということで、ぼくの翌年から、
「特別理科コース」その翌年に「国際英語コース」と設置され、
徐々に成果を上げ、現在では半数以上が国公立大学に進学し、
難関大学にも多くの生徒を送り出す学校になっています。

入学式のあとも、父兄への説明会の内容は、
受験に対するものばかり。

「起きる時間・勉強を始める時間・寝る時間」を固定しましょう。
現役で国公立大学に入るには、1年生時の勉強時間が大切です。
1日あたり「学年プラス2時間」勉強しましょう。
1年生は1週間に20時間。
部活など慣れないことも始まりますので、ウィークデーは2時間。
土日は5時間ずつでよいです、と。

ぼくの時には、そんなこと言われたことないので、驚きました。


唯一の市立高校ということで、先生が変わらないことも特徴で、
年齢の離れた人とも先生の話が通じるのがこの学校の特徴。

とはいえ、卒業からおよそ30年。(笑)
さすがに数名の先生だけが残っています。

入学式の時に、数名の先生と再会しました。

Dsc01888web

ぼくが2年生の時に新任で来られた中條先生は、教頭先生に。

体育の授業がユニークで面白かった東山先生は、
生活指導のおっかない先生として活躍されていると、
娘からのLINE情報。

お会いするのを楽しみにしていたら、ばったり廊下で。
「おう!どしたんや。孫か?」と、相変わらずのジョーク。(笑)


野球・ソフトボールをしてきた娘は、ソフト部がないので、
ダンス部か陸上部で随分思案していました。

3歳の時からバレエをしていて、家内とフラメンコもやっていて、
踊るのが大好きな娘は、LINEなどの情報からも、
気持ちは大きくダンス部に傾いていました。

小学生の時に、陸上記録会の100m×4の選手になり、
5・6年生ともに高松市では1位。
県大会では2位になり、陸上はそもそも関心がありました。

合格発表の際に、その時のメンバー愛ちゃんと再会し、
早速、「みお、お前何部に入るんや?言うてみい!」と迫られる。(笑)

陸上部の顧問の岡宏彰先生は、ぼくが3年生の時に教育実習で来られ、
ぼくのクラスが実習の対象となり、専門のハードルを教えてくれた人。

小学校の時の記録会でもお会いしていたので、
「何部に入るん?是非、陸上部へ!」と勧誘されていました。(笑)

入学後、ずっと強い女子剣道部の先生から、
「あなたが未経験者なのは知っていますが、

 体幹が強いのですぐに強くなりますから是非!」と、
直々にラブレターをいただき、練習も見学に。

ずっと陸上を専門でやっていた愛ちゃんたちと、
一緒にやりたい気持ちもあれば、経験の差を不安に思う部分もあり。

悩んだ挙句、陸上部へ入りました。

競技種目の適性は、先生が判断してくれるでしょう。

とにかく、受験でなまったカラダにキレを取り戻すことが先決。

本人は、7種競技をやると決めたようです。

入学式の後は、念願のフグを!
「薄造りをガサっと!」とを体験し、満足そうでしたが、
食事の後は早速、塾へ。

065_600x800
068_800x600

入部早々記録会など試合が目白押し。

部活も学校生活も楽しそうで、高校生活を謳歌しています!

勉強もしなければと思っているようで、
時間を見つけて机に向かっています。

Dsc01894web

高校時代は、一生の友達ができる時間。
そして、その後の人生が粗方決まる時間。

部活も勉強も、しっかり楽しんでください!

| | Comments (797)

2014.03.17

中学卒業

娘の通う太田中学校の卒業式でした。

Dsc01881web
095_800x600


東日本大震災の後、入学式で「一日一日をしっかり生きる!」と
「新入生の誓い」を立てた日から、はや3年。

1302224810557

中学の3年間は、からだもそうですが、大人へとこころが一番成長する、
だからこそ、ぼくの中ではもっともしんどかった3年間でしたが、
娘も小学校とは全く違う成長を見せてくれました。


大人への成長とは「自立」への過程。
覚悟はしていましたが、小学生とは異なり、
ハグすることがなくなるどころか、親の存在を煩わしく思う。

家での親に対して反発する態度や言葉は、
覚悟はしていたものの、つらいものです。
学校ではしっかりやっているし、家で吐き出すくらいよいけれど、
「それでいいよ」とは言えず、たしなめる。

これも、親と子の適切な距離感を獲得するための
必要な過程だったのだと思います。

ソフトボール部へ入部早々、4人の新入部員とはケンカの毎日。
経験者は娘だけで、6名の3年生は遠慮してあまり事細かに教えない。
2年生は寡黙なプーみお先輩一人だけ。
経験者の娘はレギュラー確定で、他の誰かが必ず試合に出るのに、
ルールもわからない。
そこで、娘が教えるも、気の強い子達は言い争いばかり。
 
Img_2485_800x600

しかし、この時間が良かったのか、たった4人の部員は、
姉妹のような確かな絆で結ばれました。

総体が終わると部員は5名に。
試合どころか練習もままならないありさま。
新人戦は、他の部員を借りて出場するだけ。

2年生になった春は、新入生に入ってもらうために娘は奔走しました。
「入部してくれたらすぐ試合に出られます!」とのチラシを配布。
公なアピールのチャンス「部活紹介」では、持ち時間をしっかり練って、
それが功を奏し15人もの後輩が出来ました。

001web

他校でもよくある事態で、普通、どうすることも出来ない事ですが、
娘は、自分の力でこの状況を変えてみせました。

総体が終わって新チームになると娘がキャプテンに。
試合には娘たち2年生4人と未経験者の1年生。
経験不足が明らかな彼女たち。
総体後から、顧問の先生に練習試合を組んで欲しいと
嘆願するも「まだ早い」と。
みんなまだまだ経験が浅いので、ひとり2つ以上のポジションの練習を
娘がやらせていると、顧問は「そんなこと必要ない」と。

顧問の先生は専門的な知識がなく、指導にも積極的ではない中で、
自分なりに練習方法を考えてのことなのに、
頭ごなしに否定されて腹もたった事でしょう。

しかし、それ以降、娘は顧問にお伺いを立てることにし、
「こういう内容の練習をしようと思うのですが、どうでしょうか?」と。
結果、顧問の先生を協力的に巻き込むことが出来ました。

経験値が上がって、考えてプレーするようになると、
新人戦で初の県大会への進出、そしてあわやベスト4という活躍!

ダークホース、太田中の戦いぶりは話題となり、
その後は練習試合の申し込みが多く、練習試合には困らなくなりました。

強豪、高松東高と高松南高から、合同練習に呼んでいただき、
強化大会への招待など、強いチームとの試合経験も積みました。

しかし、以前の自分たちくらいのレベルのチームには、
どう転んでも負けないようになると、「過信」そして「慢心」。
こうなると、日々の練習がだらけてきて、弱いチームとの試合でも
試合運びが軽くなり、強いチームと試合するときの心の持ち方が、
異なりすぎて、重圧。

これは、厄介でした。

総体は、四国大会出場を目標にできるところまでは行きましたが、
やはり、専門的指導者のいる学校との日々の積み重ねの差異は、
簡単なものではありませんでした。

Dsc00941web
Dsc00960web
Dsc00973web

ケンカばかりしていた同級生4人と、たくさんの後輩ができ、
チームの雰囲気づくりから、練習メニューやオーダーなど、
実質的な運営を自分で考えざるを得なかった環境は、
人の心は簡単なものでないことを学んだことと思います。

学校行事でも、リーダーシップを発揮しました。
春の運動会では、積極的に運営に関わり、
秋のコーラス大会では、指揮者としてクラスをまとめることに腐心。
真剣であるがゆえに、一喜一憂していました。

Image
214_800x600

生徒会は、学校でも優秀な子供たちの集まりであり、
ある種、尊敬の的です。
好奇心旺盛な娘も参加するのかと思っていましたが、
放課後、多くの時間を取られることになるので、
「わたしがいないと練習出来ないから」と、
実質的に練習を取り仕切っているキャプテンとしての立場を優先。
すごく、大人な判断だと思いました。

総体が終わると、後は受験です。
入学時「1番を獲る!」と言っていましたが、
優秀な子供の多い太田中では、簡単なことではありませんでした。

授業がわからないわけではありませんが、週2回の塾以外は、
ほとんど勉強もせず、日々勉強している子との差は開くばかり。

何事も、自分でやる気にならないと身につかないと考えているので、
ぼくたち親からは「勉強しなさい」とは言いませんでした。

3年生になった直後の模試が、これまでにない悪い出来。
奥さんが見かけた「お風呂で号泣してた」日からは、
週3回の塾の日以外も毎日、部活が終わってから塾へ自習へ。

総体が終わって、夏の塾の強化合宿以降は、目標へ向かって、
一心不乱に勉強に取り組むようになりました。

大晦日もテレビを観ないと宣言し、年が明けてからは、
携帯も電源を切ったまま。

しかし、同じように取り組んでいる子はたくさんいるので、
成績は確実に伸びてきましたが、
一足飛びというわけには行きませんでした。

受験本番を終え、晴れ晴れとした顔で、
「これで落ちてても、悔いはない」と。

この7ヵ月あまりの彼女の集中力と精神力は、
どんな結果であろうと、彼女のこれからの人生の
支えになるものだと感じました。

自らの様々な経験と成長を手に取るように感じた中学生活。
万感の思いで卒業式を迎えたことと思います。

義務教育はこれで終わりました。
しっかりと成長した娘を誇らしく思います。

066_600x800

いろんな困難や問題があったけど、しっかりと乗り越えて、
確実に成長を感じられる有意義な3年間でしたね!
みお!卒業おめでとう!
ひとまず、しっかり遊んでください!(笑)

| | Comments (46)

2014.01.11

丹下健三生誕100周年記念講演「建築のみらい」

  昨年3月のシンポジウムの講演録がUPされました。
http://kenzotange100-kenchikunomirai.jimdo.com/

Resize0215

昨年は、丹下健三の生誕100周年ということで、
ぼくが長く関わっている香川県建築士会高松支部青年部会の事業として、
例年のように同世代の建築家を招くスタイルではなく、
丹下健三研究の第一人者藤森照信氏においでいただく
ということから準備が始まりました。
そして、夏に丹下さんの初めての展覧会を香川県が準備している中で、
展覧会の委員長の神谷宏治氏も加わることが決まりました。
そうなると、必然的にコーディネーターが必要となります。
宮本教博部会長に尋ねると、「どうすればいいですか?」と。
こうなれば、ぼくがやるしかありません。(笑)

Resize0186_2

丹下研究の第一人者である藤森氏に加えて、
丹下さんの右腕である神谷宏治さん。
相当周到に段取りをしないとエライ事になるぞと、
かなりの重圧の中準備を始めました。
 

藤森さんはこれまでの経緯から、メールでのやり取りは
容易なことがわかっていましたが、
84歳の神谷さんとどうコミュニケーションを取ればいいのか、
と思っていたら、展覧会の準備でかなり頻繁にやり取りをしている
香川県の佐藤竜馬さんと今瀧哲之さんが、
「神谷さん、メール大丈夫です!レスも早いですよ!」と。

2ヵ月前に、全体の流れと時間配分表を作成し、
お二人に内容を確認していただく。
藤森さんはあまり細かなことは言いません。
神谷さんは、こちらが迷っているところを
的確に疑問を投げ掛けられました。
しかし、こちらがそこで決めたことは何もおっしゃいませんでした。

Resize0141
Resize0149
Resize0143

当日、藤森さんは雑誌の取材旅行から直接会場入り。
このあたりも、「気にしなくていいから」という感じ。
神谷さんは、お昼前の飛行機で高松に。
少しでもお話が出来たほうが良いと思い、
佐藤さんと空港までお迎えにあがりました。
ご高齢なので、どのような様子なのか少々の心配もありましたが、
「矍鑠(かくしゃく)」と表現するのが失礼なほど、
背筋もしゃんとしているし、真摯な生き方が溢れている、
ダンディで風格がある様に驚きました。

ぼくの師山本忠司は、様々な建築家・アーティストと
交流がありましたが、その中でも、神谷さんの話をする時は、
特別なニュアンスを持っていました。
そのせいか、こちらの特別な思いもあり、
最初は中々話しかけられませんでした。
うどんを一緒に食べ、車で香川県庁舎へ。
一旦控え室にご案内し、県庁ホールを歩きながら
いろいろな話を伺うことができました。
そうしながら、ぼくは、少しずつ緊張がほぐれて行くのがわかりました。

控え室に戻ると、藤森さんが到着。
お二人に、実際に使用する映像を見せながら進行の説明。
というよりも通し稽古。
藤森さんでも年代が曖昧なものもあるようで、尋ねられましたが
ぼくの頭には年代はしっかり記憶されています。
ステージは披露されなかったお話も交え、
リラックスした中で良い準備が出来ました。

Resize0199
Resize0194
Resize0176
Resize0179

壇上での様子は既にお読みいただいた通りです。

駆け足ではありましたが、何とか建築家丹下健三の人となり、
そして、「香川県庁舎」への道程をご紹介できたのではないかと思います。

7月20日に香川県立ミュージアムでスタートした
「丹下健三 伝統と創造 瀬戸内から世界へ」展は、見ごたえ十分で、
その記念シンポジウムも大変魅力的で充実したものでしたが、
神谷さんが体調を崩され欠席となってしまいました。
そうなった今、改めてお呼びしてお話が伺えて良かったと思っています。

今回の講演会を振り返って、師山本忠司が神谷さんのことを
何故特別なニュアンスで語っていたのか理解できたように思います。
「香川県庁舎」は、香川県にとって特別な建築です。
建築家丹下健三の傑作でありひとつの頂点であることは
講演会でも述べた通りです。
そして、郷土復興の記念碑である県庁舎を
気鋭の建築家丹下健三に託そうとした猪熊弦一郎の熱量。
戦後の「民主主義」は、県民に開かれたものであるべきであり、
それを体現することを丹下健三に託した金子正則元知事の熱量。
それを見事に建築としてかたちに顕した丹下健三の熱量。
そして、丹下健三を傍らで支えた浅田孝の熱量。
同じく丹下研究室の顔として現場にあたった神谷宏治の熱量。
香川県の技官として、良い建築とすべく現場で陣頭指揮を取った
山本忠司の熱量。
これらの、莫大な熱量が「香川県庁舎」を特別なものとし、その熱量は、
その後香川で仕事をすることとなる気鋭の建築家・アーティストに
伝播し、良い作品がたくさん生まれたのです。
そして、今もなお「香川県庁舎」は衰えることなく、
甚大な熱量を放出し続けています。

とにかくその端緒となった「香川県庁舎」。

山本忠司は、この「香川県庁舎」の現場を預かるものとして、

神谷さんと全身全霊を込めともに戦い、傑作に至らしめた

という意識が強くあるのだとおもいます。

「戦友」の如き思いを持っているのだと。そう感じました。

Resize0220
Resize0227
Resize0211

懇親会の席で、神谷さんと藤森さんから、よいシンポジウムだったと、
褒めていただき、すこし安堵しました。
そして、その場で何かしらの記録に残すことを、
宮本委員長は約束しました。
 
ところが、前述したように神谷さんが体調を崩され、
文言のチェックが滞ったままUPできない状態だったのです。
 
今は、すっかり元気になられたようで、一安心です。

講演会終了後、すぐに神谷さんから御礼状をいただきました。
講演会でお世話になったことの御礼に加えて、
講演会が好評であったその成功が
ぼくのお陰である事の御礼が添えられていました。
これは、準備したものとしてとても嬉しいものでした。

師山本忠司は、自らが建築家であることだけでなく、
自分が関わった多くの作品に並々ならない愛着と誇りを持っており、
その評価を高めるための活動を、労を厭わずに尽力していました。
ぼくは、香川の建築・アートから多大な熱量をいただきました。
そして、それを伝えるお手伝いをすることが、
先達の方々への恩返しだと思っています。

丹下展の準備の多忙な中多大な協力をいただきました
香川県の佐藤龍馬さん、今瀧哲之さん、本当にありがとうございました。
また、すべての段取りと調整をしていただいた、
香川県建築士会高松支部青年部会の宮本教博部会長をはじめとする
部会のメンバー、そして部会のOB諸氏、
関わった人たちの魂が響きあう場を設えていただき
ありがとうございました。

Resize0208

今回の講演会が、少しでも多くの人に、
熱量を伝えるこことなれば幸いです。

| | Comments (76) | TrackBack (0)

2014.01.06

謹賀新年2014

新年あけましておめでとうございます!

333_800x600

元日の初詣は、小さな頃から決まっています。
家を出て、本家近くの「田村神社」をゴールとして、
八つの神社を参拝する「八社参り」です。


337_800x600_2 

まずは、仏生山の旧街道のアイストップにある「 (ちきり)神社」。


338_800x600

香川町の龍満池の「川東八幡神社」。


340_800x600
339_800x600

香南町の安倍晴明ゆかりの「冠纓(かんえいorかむろ)神社」。


341_800x600
342_800x600

綾川町の田園の中にひっそりと佇む「畑田八幡宮」。


344_640x480

滝宮天満宮への途中にある「大宮八幡宮」。


346_640x480

今年は娘が高校受験で念入りに参拝した「滝宮天満宮」。


347_640x480

円座町の「廣旗神社」。


349_640x480

そして、讃岐の国の一宮「田村神社」。


大勢の参拝者に溢れているところもあれば、
地域の人たちの守り神のような佇まいも清々しいものです。
これ以外の神社に行ったこともあるのですが、
それは、単に父の思いつきなのだと思います。(笑)

ここ数年は、このコースです。


とにかく、それから本家でご挨拶と飲み始め。(笑)



352_640x480

正月休みの運動不足を兼ねて、ランニングで高松の氏神様「岩瀬尾八幡宮」へ。



353_640x480

そして、仕事はじめの日は、「八栗寺」にお参り。


毎年、毎年新しい出会いがあります。
建築の設計の仕事は、偶発の連続です。
小さな出会いを大切にし、ひとつひとつの仕事を
「誠心誠意」やらせていただく所存です。

本年もよろしくお願いします!

| | Comments (506) | TrackBack (0)

2013.07.31

最後の中学校総体!

娘の中学生活最後の総体が終わりました。

Dsc00953web

廃部寸前の5人のソフト部から、昨年の新人戦までの顛末は、
下記の記事をお読みください。
http://yharch.cocolog-pikara.com/blog/2012/10/post-ef6b.html

部員は増えたとはいえ、弱小ソフト部。
練習試合の相手にも困る始末でした。

ところが、昨年の新人戦は県大会ベスト8!
しかも、強豪国分寺中をあわややっつける善戦!

この活躍が効いたのか、昨年秋からは、練習試合には困りませんでした。

それどころか、野球と違って、連盟がうるさくないのと
同じボールを使用しているせいか、昨秋には高松東高、
今年の3月には高松南高と合同練習もさせてもらいました。

Dsc00331web
Dsc00338web
Dsc00344web

試合経験も積み、同レベルだったチームには、
もうどう転んでも負けないレベルになりました。

ところが。
そうなってくると、「自信」が「過信」へ、そして「慢心」へ。

序盤に数点取ると、舐めて試合運びが軽くなる。
それが続くと、練習もダレてくる。

これは、思った以上に厄介な状況でした。

3月の強化大会。
新人戦県ベスト8だけの大会。これまでには声すらかからなかった。
初戦は、坂出中。
いいピッチャーに鉄壁の守備。
2点、取られるも、どうにも点を取れる気配がない。
みおが、何とか出塁し、二盗・三盗を決め2死3塁。
「点をもぎ取るにはホームスチールしかないな」と思った矢先、
キャッチャーのピッチャーへの返球の隙に盗塁!
送球がそれ、1点をもぎ取った!
しかし、試合は2-1のまま終了。

Dsc00126web
Dsc00120web

5月の宇津木杯。
いきなり新人戦のリベンジ!国分寺中。
アリサ&みおのバッテリーのコンビネーションもより良くなったし、
「ひょっとしたら」と思って観るも、7-0で完敗。
相手のピッチャーも良くなっており、小さく鋭く変化する球を
太田中の選手は見たこともないので打てません。
そして、小さく鋭くゴロを打つ打撃を徹底しており、
いいコースへ投げても空振りしない。
やはり、専門知識を持った監督さんとの
7ヵ月の日々の積み重ねは大きいなと実感。

Dsc00624web
Dsc00620web

6月の全日本中学生男女ソフトボール大会。
これまたいきなり新人戦県大会を制した善通寺西・東中。
これも、善戦するも完敗。

Dsc00746web
Dsc00756web

こういうレベルとの練習試合を積み重ねていないことが、
試合での違う種類の重圧を生む。


確実に、そして思ったよりも速く時間は流れ、迎えた高松市総体。

まずは、県大会進出が目標!
試合のあった土日は、仕事の都合で松山。
入れ違いに単身赴任から応援のために駆けつけたお父さんと、
家内に試合の速報を依頼。
ぼくは、唯ただ祈るのみ!
初日に2勝すれば県大会進出が決定。
負けても、翌日の試合に勝てば県大会が決まる。
ただし、同じゾーンの4チームは強豪ぞろい!

初戦は、新人戦で惜敗した香東中!
接戦になること必至!
同点で迎えた終盤、ここのところよく当たってる、
3番オッチーの逆転ツーランで、劇的勝利!!!
「絶対勝つぞ!」と気迫のこもった試合展開だったようです!

次戦は、結果、高松市&香川県を制した香川第一中。
これは突破ならず!

翌日の試合は、もはや格下の勝賀中。
ここも、油断せず、完膚無きまでに攻めて15-0。
コールド勝ちで県大会進出を決定!

Image_2 

みおに、どんな気持ちで試合に臨んだのかを聞くと、
「52点取るぞ!って。」
「なんで52点なん?」
「最初、55点取るぞ!って言ったけど、そりゃ無理やろってなって。」
まあ、ともかくよくわかりませんが、そのくらいの気持ちで望んだと。


そして、迎えた県大会!
初戦は、綾南中。
これに勝てば、恐らく次戦は古高松中。
古高松中は、高松市準優勝で県大会に来ましたが、昨年は部員が少なく、
経験も浅いので、点の取り合いになると勝機あり。

となると、ベスト4も視野に入る!

Dsc00931web
Dsc00938web
Dsc00941web

とまあ、廃部寸前の弱小チームが、県大会は最低ラインで、
あわよくば、四国大会!というところへよく来ました!

綾南中は、監督さんがいかにも「やってます」という感じ。
シートノックを見ても守備には穴がありません。
打撃も、確実にゴロを打つ打ち方を習得していて、
セーフティーバント・ヒットエンドランを仕掛けてきます。
これは、アウトにしても守備側のプレッシャーが大きい!

案の定、一進一退の展開。

Dsc00943web
Dsc00947web
Dsc00948web
 
しかし、ここでも対戦相手以外の敵が。

こういうことを書くべきかどうか躊躇しましたが、あまりに子供たちがかわいそうなので書く事にします。

香川県内のソフトボールを熱心に指導されている監督さんは、全体の3分の1くらいの方。そのチームは確実に良いチームをつくってきます。
審判の方々は、年配の方が多く、上記の監督さんとは顔馴染み。
ですから、思い入れもありジャッジが多少偏るのは理解できます。
また、選手がジャッジに納得できないことだって、よくあることです。
これまでに何度もそういう場面はあり、娘には、
「そういうものだと思って、それでも勝つしかない。
 そこで、心を動かされた時点で負けだよ」と、その度に伝えました。
ただし、あまりに極端で露骨だと、やはり選手は可愛そうです。
ストライク・ボールの判定。
アウト・セーフの判定。
限度を超えているものがいくつもありました。
子供たちの心がざわつき、乱れます。

2点負けている時、あまりにストライクを取ってくれないジャッジに、
ピッチャーのアリサはベンチで泣き出し、娘は地団駄踏んで、半狂乱。

ベンチ裏へ行って、娘に助言。
「審判に不満だからって怒ってても、得することはひとつもないぞ!
 お前が、チームの攻める雰囲気をつくれ!」

ここから、怒りのエネルギーを攻めるエネルギーに転換したのか、
同点に追いつき、6-6で最終回を迎えた綾南中表の攻撃。

1死2・3塁で、ショートゴロ。タイミングは微妙だが本塁送球!
だが、この送球がそれインプレーのゾーンをボールが出て、2点。
しかし、この場面、送球が手を離れた時点の到達塁にもうひとつの進塁が与えられるのだが、2塁走者が、ショートがボールを投げた時点で3塁へ到達するはずはないので、アピールするも2点が認められた。
これも、納得のいかないジャッジ。

あきらめたらそこで試合終了。

最終回の攻撃、2番ノアからの好打順。
走者が出て、一発が出れば同点の場面!
しかし、2死となり4番のみお。
討ち取られれば、そこで部活が終わる。
粘って粘って、完璧に捉えたあたりがセンターへ!
センターが背走するも、ひと伸び足りず、試合終了。

Dsc00952web_2
Dsc00953web_2
Dsc00955web

小学校2年生から始めた野球。
そして、中学でのソフトボールが終わりました。

泣き崩れる選手たち。
たった5人しかいなかった部員も、今は28人の仲間に。

負ければ、スッキリ泣けるのだと思っていましたが、
「もっとこうすればよかった」「やっぱりあそこだ」と、
後悔というか、反省というか、そういうモヤモヤがたくさん出てくる。
思春期の娘に、伝えたいことは山ほどあれど、
それはそれは、なかなかに難しいものでした。


選手たちは、ひとしきり泣いて。

Dsc00957web
Dsc00958web
Dsc00965web

しばらくして、せっかくなので集合写真を撮ろうと。
何枚か撮りながら、段々と笑顔に。

入部当初、ケンカばかりしていた気の強い4人の3年生。
色々とやりあった分だけ、誰よりもよく分かり合えている、
かけがえのない仲間。

最後は、晴れ晴れとした表情でした。

Dsc00973web_2


みお。
キャプテンとして、よくがんばったね!
お疲れさまでした。
そして、ありがとう。

| | Comments (34) | TrackBack (0)

2013.01.07

謹賀新年2013

新年あけましておめでとうございます!

歳を重ねるごとに、その日一日をしっかりと生き、しっかりと終え、
そして、新しい一日を新鮮な気持ちで迎えたいと、
強く望んでいる自分がいます。

Dsc_1270_2

新年を迎えるのも同様で、やり残したことがないように、
一年の整理をし、新しい年を迎えたいと思っています。

現場の都合で、慌ただしく仕事始めることとなりましたが、
「八栗さん」に参拝し、仕事のスタートです。

Dsc_1275

本年は、「謙虚に!」そして「誠実に!」をテーマに、
仕事に取り組みたいと思います。

本年もよろしくお願いします!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A DAY | ARCHITECTURE | ART | BASEBALL | BOOKS | FOODS | HISTORY | MUSIC&FILMS | WORKS