« 建築の原点 安藤忠雄「住吉の長屋」  | Main | スタッフ募集 »

2018.03.19

荒木経惟 「私、写真。」 丸亀猪熊弦一郎現代美術館

今年、78歳になる「アラーキー」こと荒木経惟「私、写真」展が、
丸亀猪熊弦一郎現代美術館で開催されています。

残りの人生を考えて、とにかくやたらと展覧会をやっています、そのひとつ。
 
Img_7630
 
ぼくが、中学生の頃には、その当時のぼくには到底理解できない、
でも、グロテスクな、なんだか不思議なパワーを持った、
エロチシズムと社会へのメッセージを感じていました。

今回の展覧会は、これまでに撮ったものを、
新たに作品にしているものがほとんど。
 
Dsc05371
Img_7568
 
現像前のフィルムに、ペイントし印画紙に焼き付けたもの。
プリントしたものをに、ペイントしたもの。
保管の状態が悪く、劣化したフィルムをプリントしたもの。
中川幸夫さんへのオマージュ。
 
Img_7573
Img_7575
Img_7576
Dsc05384
 
どれも、所謂「キレイ」なものは一枚となく、
そして、それらの全ては、「死」を意識せざるを得ないものでした。

どこか斜に構えた「シニカル」な態度は、荒木さんの社会へ対する、
「世の中そういうもんじゃねーだろ!」というメッセージなのか。
晴れやかな感情とは無縁の、社会の「影」を漂わせるが、
不思議と「愛らしさ」のような感情を抱く。
「死」がレイヤーに重なると、ドロドロとしたものから清涼感が現れる。
 
Img_7580
Img_7581
Img_7585
Img_7590
 
学生の頃、荻窪に住んでいました。
大学院の時に、右膝を痛め、隣の駅の阿佐ヶ谷駅の「河北総合病院」に通っていました。
人口過密地域の総合病院なので、診察までとても待ち、
薬をもらうまでも随分と待ちました。
ある時、薬を待っていると、黒いスーツを着こなし、
手入れの行き届いたプレーントゥを履いた紳士が薬を待っていました。
よく見ると、荒木さんでした。
後から考えると、その後亡くなった奥さんの薬をもらいに来ていたのでしょうか。
とにかく、メディアでの荒木さんとは全く印象の異なる、
静かな紳士であったことに驚きました。
 
Img_7607
Img_7599
Img_7614
Img_7612
Img_7616
Img_7613
Img_7610
Dsc05385
 
ぼくは、良いと感じた「作品」について、誰がどのようにその作品を生み出したのかに
強い関心があります!
病院で観た荒木さんは、破天荒で前衛的な作品のイメージとは全く異なる姿でした。
人間荒木経惟さんは、ぼくが病院の待合で観た姿なのか?
それを確かめたくて、展覧会のオープニング・レセプションに伺いましたが、
残念ながら体調不良につき、欠席でした。
 
Dsc05386
 
昨年、蜷川実花展を観ていた娘は、すぐに「この写真は凄いね!」と。
「絵画は、いまいちよくわからないけど、これは凄い!」と加えた。

「死」に「清涼感」を漂わせる写真家は、どのような佇まいなのか。
もう一度、生身の荒木経惟さんを見てみたい。

|

« 建築の原点 安藤忠雄「住吉の長屋」  | Main | スタッフ募集 »

Comments

erectile prosthetic
[url=http://eddrugsgeneric.com/#]erectile dysfunction drugs[/url]
erectile dysfunction pills
ed drugs over the counter

Posted by: eddrugsgeneric.com | 2018.04.17 at 06:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 建築の原点 安藤忠雄「住吉の長屋」  | Main | スタッフ募集 »