« March 2014 | Main | August 2014 »

2014.05.20

「いってら!」

高校生になった娘は、目一杯、高校生活を堪能しています。

小学生の時には、朝から目をキラキラさせて「おはよう!」。

それが、中学に入った途端、消え入るような声で「ぁょ」。

自立への道程とはわかってはいるものの、寂しいものです。

家庭内での言葉遣いも乱暴に。

でも、外ではすごくいい子で頑張っている。

これは、正しい成長の過程で、誰にでも大なり小なりあること。

055_600x800

高校生になると、中学時代から少し吹っ切れたようで、
学校のことなど、屈託なく話すようになってきました。

週の半分は部活の後に塾に行ってますから、
帰宅時にぼくが起きていれば少し話をします。

朝は、朝食を摂りながら、その日の予定など。

朝、ぼくが最初に出掛けます。

「行ってきます!」と言うと、返事は。

「いってら!」

コレ。

ぼくも同じ頃、父にそう言ってました。

「いってらっしゃい」と言うのも気恥ずかしく。

なので、やや省略。

しかし、この言葉を他で聞いたことはないし、
もちろん、教えたこともありません。

偶然、娘はこの言葉を発したのか?

これも遺伝子のなせるワザなのでしょうか?!?

| | Comments (1020)

2014.05.09

高校入学

娘が高校生になりました。

中学の卒業式から合格発表までの5日間は、
不安な気持ちを紛らせるように、
受験勉強から解放され、一心不乱に遊び倒しました。

そして、無事志望校に合格しました。

034

合格してすぐに、説明会と必要なものの販売。

教科書と参考書でなんと46冊!!!

そして、あっという間に入学式。

Dsc01885web
Dsc01890web

ぼくも通った高校。
ちなみに奥さんは高校の同級生。
姉も弟も同じ高校です。(笑)

卒業生には、中西太さんを始め、大藪春彦、尾木ママこと尾木直樹さん。
ぼくのふたつ上の姉の同級生にはナンチャンこと南原清隆さん。
一年生の時の学園祭で、ナンチャンが落語をしていました。(笑)

唯一の高松市立の高校だからか、自由な雰囲気。
姉がとても楽しそうで、それを見ていてぼくも決めました。



当時から、それなりに進学校でしたが、学校に受験の雰囲気は希薄で、
名門進学校復活ということで、ぼくの翌年から、
「特別理科コース」その翌年に「国際英語コース」と設置され、
徐々に成果を上げ、現在では半数以上が国公立大学に進学し、
難関大学にも多くの生徒を送り出す学校になっています。

入学式のあとも、父兄への説明会の内容は、
受験に対するものばかり。

「起きる時間・勉強を始める時間・寝る時間」を固定しましょう。
現役で国公立大学に入るには、1年生時の勉強時間が大切です。
1日あたり「学年プラス2時間」勉強しましょう。
1年生は1週間に20時間。
部活など慣れないことも始まりますので、ウィークデーは2時間。
土日は5時間ずつでよいです、と。

ぼくの時には、そんなこと言われたことないので、驚きました。


唯一の市立高校ということで、先生が変わらないことも特徴で、
年齢の離れた人とも先生の話が通じるのがこの学校の特徴。

とはいえ、卒業からおよそ30年。(笑)
さすがに数名の先生だけが残っています。

入学式の時に、数名の先生と再会しました。

Dsc01888web

ぼくが2年生の時に新任で来られた中條先生は、教頭先生に。

体育の授業がユニークで面白かった東山先生は、
生活指導のおっかない先生として活躍されていると、
娘からのLINE情報。

お会いするのを楽しみにしていたら、ばったり廊下で。
「おう!どしたんや。孫か?」と、相変わらずのジョーク。(笑)


野球・ソフトボールをしてきた娘は、ソフト部がないので、
ダンス部か陸上部で随分思案していました。

3歳の時からバレエをしていて、家内とフラメンコもやっていて、
踊るのが大好きな娘は、LINEなどの情報からも、
気持ちは大きくダンス部に傾いていました。

小学生の時に、陸上記録会の100m×4の選手になり、
5・6年生ともに高松市では1位。
県大会では2位になり、陸上はそもそも関心がありました。

合格発表の際に、その時のメンバー愛ちゃんと再会し、
早速、「みお、お前何部に入るんや?言うてみい!」と迫られる。(笑)

陸上部の顧問の岡宏彰先生は、ぼくが3年生の時に教育実習で来られ、
ぼくのクラスが実習の対象となり、専門のハードルを教えてくれた人。

小学校の時の記録会でもお会いしていたので、
「何部に入るん?是非、陸上部へ!」と勧誘されていました。(笑)

入学後、ずっと強い女子剣道部の先生から、
「あなたが未経験者なのは知っていますが、

 体幹が強いのですぐに強くなりますから是非!」と、
直々にラブレターをいただき、練習も見学に。

ずっと陸上を専門でやっていた愛ちゃんたちと、
一緒にやりたい気持ちもあれば、経験の差を不安に思う部分もあり。

悩んだ挙句、陸上部へ入りました。

競技種目の適性は、先生が判断してくれるでしょう。

とにかく、受験でなまったカラダにキレを取り戻すことが先決。

本人は、7種競技をやると決めたようです。

入学式の後は、念願のフグを!
「薄造りをガサっと!」とを体験し、満足そうでしたが、
食事の後は早速、塾へ。

065_600x800
068_800x600

入部早々記録会など試合が目白押し。

部活も学校生活も楽しそうで、高校生活を謳歌しています!

勉強もしなければと思っているようで、
時間を見つけて机に向かっています。

Dsc01894web

高校時代は、一生の友達ができる時間。
そして、その後の人生が粗方決まる時間。

部活も勉強も、しっかり楽しんでください!

| | Comments (797)

« March 2014 | Main | August 2014 »