« February 2013 | Main | April 2013 »

2013.03.13

ターニャ・プレミンガー「階層・層・地層」

イスラエルを拠点に活動する、69歳のロシア人アーティスト!

沙弥島に土を盛り、それを造形する作品。
http://setouchi-artfest.jp/artwork/a1001


作業開始の前日は、作品制作に関わる工事関係者との打合せ。

しかし、現場に到着したターニャは、
イスラエルから持参した「マイ・スコップ」を持って、
山に向かって一目散!(笑)

興奮して、すぐに、掘り始めました!(笑)

Dsc00135web

翌日、バックホウ(ショベルカーのような工作機械)の
オペレーターと、英語と讃岐弁でやり取りしながら、
何とかうまくいっているのかと思えば、そうでもありません。(笑)

Dsc00083web
Dsc00084web_2
Dsc00088web
Dsc00092web
Dsc00094web

土の表面は、芝生で覆われる計画ですが、
土は、雨で簡単に崩れます。

イサム・ノグチ庭園美術館の裏にあるこんもりとした山も、
大雨で3度ほど流され、そして現在のかたちに落ち着いたそうです。

雨が大地を削って、地形ができるのです。

ですから、オペレーターは、讃岐弁と身振り手振りで、
「しっかり表面を固めないと雨で流れる」と伝えるも、
ターニャは「これで大丈夫!私のつくったカタチが変わるのは嫌だと」
英語で応戦し、押し問答!(笑)

そこに、アートフロントの担当の下岡さんと藤田くんも加わり、
あの手この手で、ターニャを納得させる!

雨で崩れるから、固める必要があることは認めるものの、
バックホウの平面の機械で緩やかな曲線は出来ないと主張。

Dsc00135web_2
Dsc00139web

しかし、オペレーターの繊細な操作に納得し、
なんとも言い難い、張りのある曲線が見事に出来上がりました!

頑固なおばあちゃん、流石です!

| | Comments (52) | TrackBack (0)

山口啓介「歩く方舟」

東北へと向かう、まさに「歩く方舟」です!

当初の計画では、16mの大作!

しかも、先頭の足は海に入っていました!

そこから、構造と予算の関係で、原案に。
http://setouchi-artfest.jp/artwork/a054


舟も、脚も、FRPで作製しましたが、
段々に積層した感じは、FRPでは難しいと
当初から伝えてありましたが、施工を担当した、
「北原建築工房」の北原正敬さんのチームが、
見事にエッジの効いた作品に仕上げてくれました!

Dsc00257web

温厚で口数の少ない山口さんですが、
ご自分が納得できないことには妥協しません。

奥さんの作子さんとまさに夫唱婦随で、
作品の完成度を上げるべく、取り組む姿勢に、
作品にかける思いと情熱を見せつけられました!

Dsc00053web
Dsc00213web
Dsc00211web

設置場所は、女木島から男木島へ向かう際に、
最初に見えてくる小中学校の下の漁港の右手の防波堤。

ここへの設置許可には、建築基準法上の工作物としての、
安全基準を満たすことが必須の条件でした。

Dsc00182web
Dsc00187web
Dsc00191web
Dsc00186web

しかも、通常の男木港からの道幅は狭く、搬入不可能。
一旦、漁港へチャーター船で運び、そこからは、
軽トラックに前を載せ、後ろは架台に載せ押して行く。

誰も通らない道なので可能でした。(笑)

Dsc00201web
Dsc00227web
Dsc00237web
Dsc00235web
Dsc00248web
Dsc00266web 

この場所からの瀬戸内海は、とても美しく、
屋島や五剣山、そして島々の描くスカイラインと、
方舟の頂部の凹凸は呼応しています。

組み立てられる様からとてもシュールで、
完成が楽しみな作品です!

| | Comments (28) | TrackBack (0)

大岩オスカール「鏡の部屋」

瀬戸内国際芸術祭2013の開催まで、1週間となりました!

ですが、まだまだ各作品、追い込みです!(笑)

今回ぼくがかかわっている作品を紹介したいと思います。

Dsc00099web

まずは、前回の芸術祭でもお手伝いさせていただいた、
大岩オスカールさん。

前回の作品とは打って変わって、ドローイングなしです!

簡単に言えば、「マジックミラー」の効果を狙った、
とても不思議な空間です。

「芸術」とは、究極的には、網膜にどのように作品が映り込むのか、
その効果の如何が、作品の質を決定します。

「マジックミラー」の原理はわかるものの、
それを実現させるのは簡単ではありませんでした。

うまく行くのかどうか、ものすごく不安で、
年末年始も心が休まりませんでした!

Dsc00100web

先日、現場を訪れた、オスカールさんの反応に、
ドキドキしていましたが、マジックミラーの効果には、
全く触れず、拍子抜けしましたが、
予想通りの効果が出てたものと解釈しました!(笑)

写真は、あくまでも制作の過程です。

http://setouchi-artfest.jp/artwork/a056_3


完成は、お楽しみに!

| | Comments (2583) | TrackBack (0)

« February 2013 | Main | April 2013 »