« August 2012 | Main | November 2012 »

2012.10.25

新人戦!

昨年、小学校で野球をやっていた娘は、
太田中でソフトボール部に入りました。

Dsc_1191

3年生が6人、2年生がひとりで、娘の他の新入部員3名は未経験者で
即レギュラーになりました。

それでも、総体が終わると5人に!

今年の春は、新入部員獲得のためにいろいろと工夫を凝らし、
なんと15人もの後輩ができました。

夏の総体は、高松市の予選で敗退。
実戦経験不足は否めませんでした。

Dsc_1198

最終学年、新チームの娘はキャプテンとなりました。

先生は、ソフトボールの専門的知識を持っていませんから、
自分たちで練習のメニューを考え、
ポジション・打順を考えなければなりません。

練習試合の度に、実戦経験を積み、「チーム」になっていきます。

Dsc_1190
Dsc_1197

そして、迎えた新人戦!

目標は、高松市の大会を突破し、県大会進出です!

ですが、現実はそう簡単ではありません。

初戦は、小学校からの経験者がほとんどで、ベスト4は固く、
いいピッチャーを要する香東中!

勝つのは至難の業。
どこまで善戦できるのかという相手。

相手ピッチャーは、速く、制球も良く、淡々と打ち取られます。

太田中のエース、アリサもこれまで一番の出来で、相手を封じます。

0-0で迎えた4回、1死1・3塁の場面で、1塁走者が盗塁。
この場面は、3塁走者の動きを牽制しながら2塁で刺したいところ。
キャッチャーの娘には、この場面の練習をするように言ってありました。
そして、3塁走者の動きを見てセカンドがカット。
飛び出していたランナーは慌ててもどる!
タイミング的にはアウト!
これは、大きいぞ!と思ったら、セカンドの送球がそれ、
グランドをボールが転々とする間に2点。

しかし、3-0と善戦しました!

チームの力からすると上出来です!


翌日は、敗者復活の3チームでのリーグ戦。
上位2チームが県大会へ駒を進めます!

最初の試合は、紫雲中対協和中。

このリーグでは、好投手を擁する紫雲中が一歩リード。
太田中と協和中は、互角。

なので、紫雲中に勝って欲しいところ。
ところが、この日は協和中のピッチャーが素晴らしい出来で、
2-1で協和中1点リードで最終回を迎える展開。
しかし、自力に勝る紫雲中は2-3とサヨナラ勝ち!

対協和中。
練習試合では、いい勝負。
自分たちも実力が向上したという実感を持って挑むも、
ピッチャー、アリサは抜群の出来だった昨日と比べ、
腑に落ちない顔でのピッチングで、荒れ模様。
対して協和中のピッチャーは思うような投球で打たせません。

7-2で惜敗!

ということは、紫雲中に4点差以上をつけて勝つことが条件!
これは、実力差からすると、相当厳しい!

試合の合間、食事をしながら、「とにかく絶対にあきらめない!」と、
娘は激を飛ばしたようです!

不調のアリサに変わって、2番手投手の娘が登板!
試合が始まると、太田中は全力疾走、全力プレーで、流れを呼び込み、
相手のミスを誘って優位に進めます!

ただし、いつ大量点取られるのか予断を許さない展開。

打って、走って、守って、なんと12-2のコールド勝ち!

県大会進出を決めました!


県大会までの2週間、好投手は簡単に打てないので、
とにかくバントの練習をやったようです。

Dsc_1189
Dsc_1192

そして迎えた県大会!

讃岐富士「飯野山」を望む、芝生の美しい運動公園での試合。

初戦は、満濃中。
実力はよく似ているでしょう。

プロだって調子が悪い時がある。
でも、それで下を向いていても何も改善されない。
どこをどう意識すればいいのか、そして、いつでも前向きに!
娘とアリサに、そう言って送り出しました。

ミスのない締まった試合で、アリサも落ち着いて要所を抑え、
4番を打つ娘もようやく長打が出て、6-2で勝利!

なんと、県大会ベスト8!

Dsc_1193
Dsc_1196
Dsc_1195_2

次は、優勝を狙う国分寺中。
10回対戦しても、1回勝てるかどうかの相手!
相当な練習量を積んでいることもよく聞いています。
どこまで、食らいつけるのか。

グランドの状況から、センター方向の打球が太陽に入る角度。
試合前に、避ける練習をしましたが、簡単ではありません。

初回、ランナーを出すも、粘りのピッチング!
2死3塁で、左中間へ大きな当たり!
センターななみが追いつくも、太陽が目に入り、捕れず失点!
でも、これは仕方ありません、取り返すしかない!

その後も、うまく責められ、序盤で7-1と劣勢!

しかし、ここから怒涛の攻撃で、何と最終回の表、
7-7の同点に追いつきました!

最終回の裏、走者を3塁まで進められるも、2死までこぎつける。
強打の左打者を外角低目のストレート2球で追い込む。
1球、甘くならないことだけ気をつけて、インコースに投げたいところ。
しかし、娘は、それを察知して、外角低目、外にはずしたところに要求。

そして、また、外角低目で勝負。
この球が、右打者の足元あたりに抜けてワンバウンド!
必死でミットを差し出し、飛び込むも、後逸!

残念ながら、7-8でサヨナラ負け。

実力からすれば、十分に善戦しました!

Dsc_1199

残すは、来春の宇津木杯と総体のみとなりました。

この春までの時間をどう使うのかにかかっています。
チームとしての一体感は抜群だし、声もよく出ています!
とにかく、頑張った結果も出たし、さらに前進してください!

みお、がんばれ~!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012.10.18

「上棟式」

徳島の北島町で進めているテナントビルの上棟式でした。

秋晴れの続く中で、この日は激しい雨。

でも、上棟式の行われた時間、雨が弱くなったので良しとして、
「雨男」探しは止めておきます。(笑)

R0013868web
R0013880web
R0013883web

建物は、美容関係の販売をしているクライアントの事務所と、
美容関係のテナントが入る、平屋の建築。

平屋の建物の場合、屋根で上棟式を行いますが、
さすがにこの雨では、屋根には上がれず、
ブルーシートの屋根の下での上棟式となりました。

もちろん、こういう経験は初めてです。

R0013885web
R0013886web

最近は、上棟式も簡略化される場合も多く、
そのやり方は、ケース・バイ・ケース。

今回は、棟梁に祝詞(のりと)をあげてもらって、
式を執り行いました。


高校一年生の夏休み、部活の終わった午後から、
工務店で、大工さんの手伝いのアルバイトをしました。

建方に備えて、角ノミなどの工具で木の加工の手伝いです。

そして、建方当日。

朝から、職人さんたちのテンションが高いのがわかります。

お施主さんが昼食を準備してくれ、いただきましたが、
真夏ですし、そこにビールも用意されていました。

お茶のようにビールを飲む職人さんたちは、
まだ、15歳のぼくにビールを飲ませます。

そこからまた一仕事して、夕方早々に上棟式。

そしてその後、職人さんたちと食事をいただきました。
そこでもまた、ビールを飲まされ、ぼくは人生で初めて酔っ払いました。

目を閉じても、天井がいつまでもぐるぐると回っていました。


上棟式は、建物の骨格が立ち上がり、現場が佳境に入り、
完成へ向けて、空間が少しずつ生まれていくその始まりです。

思い描いていた空間であるのか、少しの安堵と大きな期待。

そして、真夏の青空と職人さんたちの笑顔、ぐるぐると回る天井を、
ビールの苦味とともに思い出します。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2012.10.12

「浜っこ」

「MIMOCA」の愛称で親しまれる「丸亀猪熊弦一郎現代美術館」は、
丸亀駅前に面しています。

Dsc_1147

駅周辺の再開発に伴い、ピーター・ウォーカーによる、
洗練されたランドスケープと、猪熊美術館がつくりだす、
現代的な景観は、まちのスケールとも呼応しています。

丸亀は、金毘羅詣での四国の船の玄関として栄えた港町。

P_3
Lrg_19326398
P_4

美術館から少し行くと、港町の風情が残ります。
そこにあるのが、さぬきうどんの店「浜っこ」。

河口の風情の中に佇む様は、なぜか懐かしい姿です。

Img_34196_9032410_2
Dsc_1144
Dsc_1145
 
昔ながらの飾らない内装も落ち着きます。
写真は、ホンマ・タカシの展覧会会期中に
作品が飾られている時のものですが、まったく違和感がありません。
 
Dsc_1146
Dsc_1143
 
ギュッと小麦の詰まったうどんは、しっかりと弾力があり、
そして、すべてを受け入れてくれるような優しさがあります。

ダシは主張せず、すっきりしていてどこまでも透明です。

数多ある、さぬきうどんの中で、特にその個性が、
傑出しているわけではありません。
だからこそ、うどんが生活と不可分なほどに文化として浸透していて、
そして、その奥深さとその力を教えてくれる。
そういう、ごくごくありふれた、いつまでもあり続けて欲しい、
日常のうどん屋さんです。

| | Comments (1090) | TrackBack (0)

« August 2012 | Main | November 2012 »