« カズ! 東北へ届け、魂のゴール! | Main | 岡本太郎 生誕百周年 »

2011.04.04

「杉本博司 アートの起源 ❘ 建築」 対談 谷口吉生

丸亀猪熊弦一郎現代美術館では、一年間にわたり、
杉本博司の展覧会を開催しています。

1301647962302

3月6日からはタイトルのように「建築」。

杉本さんは「写真家」ですが、主に写真を媒介にしたアーティスト、
と表現した方がよさそうです。

アメリカ自然史博物館のジオラマが、肉眼だとつくりものとわかるのに、
カメラを通すと遠近感が失われリアルに見えるという現象を捉えた作品。

1236151522

直島にある、上に「白」、下に「黒」と、同じものに見えるが、
近づくと海である作品。

Vol9_sugimoto2_jpg

東大総合研究博物館に所蔵の、19世紀後半から20世紀初頭にドイツでつくられた、代数幾何学・微分幾何学がつくり出す3次元模型。

Conceptual_form_0003_2004

一本の映画をレンズを開放し、劇場内部を映し出す作品。

B42b6af9

直島の護王神社。

22266490

今回の「建築」というテーマでは、近代建築の代表作品を、
焦点を無限遠の2倍に設定し、強制的にぼかされた作品が
いくつか展示されています。

Guggenheim_museum
Images


これは、とても不思議な作品で、遠くはなれてみるほど鮮明に見え、
ある程度近づくと、エッジがぼやけ、3mよりも近づくと、
もう、何だかの判別が出来なくなります。

いずれも、人間の視覚のもつ特性を利用した作品で、
「概念」ではなく「現象」として立ち起こってきます。

そういう意味では、ジェームズ・タレルとも共通したものを感じます。

1301649587201
1301649519093


今期のテーマが「建築」ということで、
美術館の設計者 谷口吉生さんとの対談がありました。

普段、専門誌への言論の露出が少ないふたりの、珍しい組み合わせの対談とあってか、午後7時開始に際して、午後2時の整理券配布開始時に、
100名は並ぶという、盛況振りでした。

1301650630497
1301658185819
1301653357831
1301653207602

杉本さんが谷口さんに投げ掛け、応えるというスタイルでしたが、
予定時間はあっという間に終了しました。

建築家 谷口吉郎を父に持つ、保守本流の谷口さんと
アートの側から建築へと接近する杉本さんのやり取りは、
それぞれの「建築」に対するスタンスの違いが如実に現れたものでしたが
「建築」への接近途上の杉本さんが、建築家として
谷口さんの建築に対するアプローチを模索するものでした。

「敷地に建築がどうあるべきなのか」、また、「建築はよい空間をつくることが最も大切で、そのために法規・構造・素材といった制約をどのように凌駕するのか」という、谷口さんの建築に対するアプローチにシンパシーを感じました。

「写真」と「建築」の本質的な共通点は、「光」をどう現象させるのか
だと考えています。光の量がゼロでは、素材どころか空間さえ認識することが不可能で、また、光がある一定の量を超えるとホワイトアウトします。つまりどちらも、つくろうとする空間に適した光の量と質を見出し、実際に現象させることが深く結びついている点だと考えています。また、「写真」はある特定の限られた時間を切り取るものですが、「建築」は、それが存在し続けるあいだの継続的な時間を考えないといけないということが、両者の差異だと考えています。

谷口さんの建築と杉本さんのアートワークの根源的な共通点は、その「光」の現象のさせ方そのものにあると思うのですが、残念ながらそのことには触れられませんでした。

|

« カズ! 東北へ届け、魂のゴール! | Main | 岡本太郎 生誕百周年 »

Comments

This simple bottle with many sand, shells, and pebbles could make a cool case for the inspired thoughts and awe on your dad. Let the hat draw attention to your lifestyle as a whole because you put on an excellent head to toe look. When you receive an intuitive message, it's important to be aware of it in progress.

Posted by: C:\Keyword C:\Keyword C:\Keyword | 2015.05.26 17:13

I am sure this paragraph has touched all the internet users, its really really nice paragraph on building up new weblog.

Posted by: home improvement tasks | 2015.06.03 02:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「杉本博司 アートの起源 ❘ 建築」 対談 谷口吉生:

« カズ! 東北へ届け、魂のゴール! | Main | 岡本太郎 生誕百周年 »