« 三島製麺所 | Main | 卒 業 »

2011.03.11

「THE BLUES BROTHERS」

一番好きな映画が何?と聞かれると、返答に困るけれど、
一番何度も見た映画は?と聞かれると、即答!

「THE BLUES BROTHERS」!

Ca95

高校に入って、ビートルズやローリング・ストーンズから洋楽を聴き始め、
「ミュージックマガジン」をむさぼるように読み、
FMのエアチェックが時間割を合わせるよりも大切になった高2の春、
ロックの源である「ソウル」や「ブルース」の大物が大勢出てる
見逃してはならない映画がTVで放映されるという。

それが、「ブルース・ブラザーズ」!

踊れるデブのジョン・ベルーシとノッポのダン・エイクロイドのコンビが
繰り広げるハチャメチャで音楽満載のエンターテイメント娯楽映画。
何の知識も無くても誰でも楽しめます!

TVで放映されたものをVHSに録画し、モノラルでしたが、
何度も何度も観て、気に入ったセリフなどを弟と真似しあいました。

権利の問題なのか、オリジナル劇場版がビデオで販売されたのは
大学生になってから。
TV放映では大きくカットされていたので、これも何度も観ました。

娘が生まれてから、言葉が分からないうちに、もう毎日のように、
「アンパンマン」とヘビーローテーション!

Blues_brothers
Blues_brothers_aretha
Bluesbrothers1980johnleehookerpic6
Raycharles
Bluesbrothers21

ジェームス・ブラウン、アレサ・フランクリン、ジョン・リー・フッカー
レイ・チャールズ、キャブ・キャロウェイ、マット・ギター・マーフィー!

この映画を通して、彼らを知り、黒人音楽の世界へどっぷり入って行き、
社会的背景と音楽の持つ力など、本当の意味での音楽の魅力を知りました。

この映画の存在は、ぼくの価値観を形成する上で、
大きな出来事であったことは間違いありません。

それはひとえに、製作者のブルース・ソウルへの深いリスペクトと
膨大な熱量が、この映画に溢れているからに外なりません。

知れば知るほど、BGMはもちろん、小ネタ満載!
しかも、それらは必然を持ち、ウィットとペーソスを含んでいます。


先日、上京した際、ふとこの映画の話になり、
「THE REAL BLUES BROTHERS」の相方の
弟が、
「一番好きなシーンは、ジョン・ベルーシが出所した最初の日、
 ダン・エイクロイドの安宿に戻って、ルイ・ジョーダンの
 “LET THE GOOD TIMES ROLL”の
 レコードをかける場面!」。

0

ぼくも、この場面が大好きです!

「これから楽しくやろうぜ!」というこの曲は、
ぼくらに音楽の魅力を楽しもうぜ!と、投げ掛けている様でもあります。

娘が生まれて、初めて聴かせたのもこの曲。

感動・興奮・悲嘆・歓喜・記憶!
様々なものがいっぱい詰まっている映画です!

|

« 三島製麺所 | Main | 卒 業 »

Comments

Do you have a spаm issue ߋn this website; I ɑlso am a blogger, and I was wondering your ѕituation; we have ϲreated some nice methods and we are looking to trade techniques with other folks, please shoot me an email if interestеd.

Posted by: painters niantic ct | 2015.07.09 01:18

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「THE BLUES BROTHERS」:

« 三島製麺所 | Main | 卒 業 »