« hair space Jaxon | Main | Veranda Glass House »

2010.10.28

男木島・女木島 かけこみツアー

昨日は、ぼくが昨年まで所属した香川県建築士会の高松支部青年部会が
主催する男木島・女木島を巡るツアーでした。

前々会長のぼくと、前会長の後藤哲夫さん、現会長の藤田摂さんは、
いずれも「VAKA」のメンバーとして瀬戸内国際芸術祭で
アーティストのサポートをしてきましたが、
それぞれが担当作品を解説するという企画のツアーでした。
 
R0013007
R0013006
R0013009
R0013011_2
 
まずは、旧高松港湾管理事務所の椿昇さんの「ピー・アール・オー・エム」。
四国と本州をつなぐフェリーの発着所だった場所。
瀬戸大橋が開通し、再開発された高松港周辺で、
それまでの記憶を残すのはこの建物と、向かい合う高松城。
新築の建物が、古い建物に絶対にかなわないもの、それは「記憶」。
椿さんのこの作品も、人々の記憶の根源にあるものを
シニカルに視覚化したものでした。

男木島に向かう船も凄い人!
これでも少ないようです。
 
R0013013
R0013014
 
高橋治希さんの作品は瀬戸内海を取り込んだ唯一の作品で、
よい作品であることを再認識。
 
R0013015
R0013016
R0013017
R0013020_2
R0013018
R0013023
 
続いて、女木島。
レアンドロの作品の仕組を詳しく聞くと意外と細かい。
そして、その仕掛けの心臓部、制御盤を見せてもらったら、
こりゃ凄い!いいものを見せてもらいました!

帰りは混雑を見越しての臨時便。
 
R0013024
R0013025
 
瀬戸内国際芸術祭は間もなく終わります。
島に渡るフェリーのゆっくりとした動き。
島独特のゆるやかに流れる時間。
いつも垣間見える美しい瀬戸内海の光景。
そして、ほのぼのとした作品がそれらと相まって、
今回の芸術祭が魅力的なものになったことを、
あらためて感じました。
 
Images_2
 
そして、後藤さんから聞いた衝撃の事実!
パスポートは、入場の証に印を押します。
だから、すべて一回のみ使用可能。
ところが、ぼくら関係者に配布されたものは
下半分の色がシルバーで「招待用」とある。
これは、会期中何度でも使えるのだと!
会期を4日残すタイミングで聞いても。。。。。


|

« hair space Jaxon | Main | Veranda Glass House »

Comments

I think this is among the most vital info for me. And i am glad reading your article. But wanna remark on few general things, The website style is wonderful, the articles is really great : D. Good job, cheers

Posted by: Funny Cats | 2015.10.04 17:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 男木島・女木島 かけこみツアー:

« hair space Jaxon | Main | Veranda Glass House »