« 「手打十段うどんバカ一代」 | Main | 謹賀新年 2010 »

2009.12.14

太田ジャガーズ 2009 シニアのメンバーへ

卒団式も終り、中学での野球へ向けて、少しの不安と大きな期待の中でいることと思います。
君たちを中心とした新チームができることになった時、監督に頼まれてぼくがヘッド・コーチになることになりました。娘がジャガーズに入団して、背番号のないコーチとして教えるようになった時は、自分の考えが正しいのかどうかわからなかったので、相当勉強しました。
 ヘッド・コーチになった時、もちろんぼくは指導者に初めてなりましたから、これまで自分が教えられてきたように、ある意味相当厳しく指導したと思います。けれども、君たちと接していく中で、どうすればよいのかをわかりやすく具体的に、丁寧に、そして根気強く教え、待つことが必要だとわかりました。
 例えば、ボール回しをしているときに、ユウキは、一塁からの送球を正確に三塁に投げることができませんでした。そのたびに、「ちゃんと放れ!」と言っていましたが、普段手を抜くことの多いユウキもその時は真剣でした。その時に指導者として教えないといけないことは、気持ちを込めて投げることはもちろん、なぜうまく投げられないのかの原因を見つけ、そしてどうやればうまく投げられるのかを教えることだと気付きました。そう考えると、すべてのプレーや行動についての責任は指導者にあり、結果論と精神論だけで指導するやり方はおかしいのではないのかと考えるようになりました。ようするに、自分の子供を育てるように、将来、自分で考えて独りで歩いて行くことができるようにすることが大切だと。このことは、監督、奥田コーチと十分に話し合いました。
 ですから、それ以前のダメな指導者としてのぼくは、君たちに謝らなければなりません。大きな声をあげて、指導しているつもりになっているだけでした。本当にごめんなさい。それからは、それまで以上に野球の技術論を勉強しました。
 それは、まず君たちが抱えている悩みを見つけ、的確なアドバイスができるようにするためでした。もちろん一緒に改善していこうと試みても、すぐに上手くことばかりではありませんから、選手のそのときの状況に応じた練習方法やアドバイスの仕方にも工夫が必要でした。
 それでも、悩みを見つけ、共有し、それがクリアできた時の誇らしげな君たちの顔は、ぼくにも大変うれしいもので、決して忘れることができません。
 卒団式の時に、みんながぼくにくれた書き寄せの色紙は宝物です。
 そして、ぼくは、この色紙にある写真が大好きです。南部大会の時の写真です。
 冬場の厳しいトレーニングに耐え、これから始まる大会へ向けて、新しいデザインの真新しいユニフォームを着て、自信を持って誇らしげな顔、顔、顔。
 けれど、現実はそんなに甘くなく、また、どのチームも一つ上の学年の選手が少なく経験を積んでいて、また、名前がスラスラ出てくるほど好選手がたくさんいて、特に高松市はレベルが高かったこともあり、なかなか公式戦で勝てませんでしたね。正直、一年間のうち、一つの大会は県下を制することができるレベルに十分達していると思っていたので、こんなに苦労するとは思っていませんでした。それに、何度も目の前の勝利を逃がしたことで君たちだけでなく、お父さんやお母さんも公式戦となると力が入り、君たちへの重圧が重くなり、また逃す。野球で一勝することの重みを改めて学んだし、その分、初勝利の味は格別のものでしたね。
 それがあったからか、チームでの練習以外に素振りをしたり、自分で練習するのが普通になったことと、上手くなりたいという気持ちから、プレーの一つひとつに色々な技術的な、または精神的な意識を持って練習に取り組む、すごくいいチームになったと思います。
 シーズンを終えて、一杯悔しいことはあっただろうけど、他チームの凄いと思っていた選手が意外に大したことなくて、オリなどは「結構ジャガーズ、いけるやん!」と、今頃になって思っていることでしょう。
 君たちが流した涙は、しっかりと受け止めているつもりです。そして、一緒に苦難を乗り越えてきた経験は、一生忘れることはありません。
 全員が中学でも野球をやるようなので、野球を好きになってもらうことには力になれたのかなと思いますが、目標は大きく、「プロ野球選手」!
 ぼくが、43歳にしてまあまあの野球選手であることはみんなもわかると思いますが(笑)、ぼくは高校野球に挑戦せずあきらめてしまいました。君たちと、野球をやるなかで、やめてしまったことへの後悔はどんどん大きなものへとなっています。だから、とにかくあきらめずに続けてください。例え中学でレギュラーになれなくても、高校でレギュラーになれなくても、大学やプロテストから入団した選手はたくさんいます。とにかく、自分の目標へ向かって努力し続けることが、何よりも大切です。そこから得ることの方が、結果よりも大切なことは君たちがジャガーズで学んだことだと思います。そして、挑戦し続けて本当にダメならあきらめもつき、また違う道へ進めるはずです。
 2年間、君たちと過ごした日々は、決して忘れることのできないものになりました。ほんとうにありがとう。君たちの洋々たる野球人生はこれから始まります。うまい選手である前に、いい人間であってください。いい人間でないうまい選手は、どこかでダメになります。家族や仲間を思いやれない人間は、信頼されないし、いい選手にはなれません。
 悩んだ時、自慢したい時、いつでも声を掛けてください。
 最後に、一人ひとりにメッセージを送ります。

10 主将 小澤智大くん
 入団当初から、打球への反応、グラブさばき、この辺りは天性のものがありました。でも、小さくて細くて非力だったので、足を生かすために左打ちに変えてからは苦労しましたね。よく頑張ったと思います。最初の頃は、セーフティー・バントのサインが出ると、嫌そうにやってよく失敗してましたね。それでも、WBCを見てからか、バントは相手が嫌がる立派な技術だと理解して、三塁側へのバントだけでなく、プッシュバントなど本当に上手になりました。相手のすきを突く走塁も、見ていて面白かったです。バッティングも、スイングの指導のおかげで強いライナーが打てるようになりましたね。
 久保たちが卒団して、次のキャプテンをどうしようかと、監督と相談しました。その中で、トモが10番がほしいと言ってきたときは正直、驚きました。それでも、苦しい中で主将をやってきたことは、大きな財産だと思います。
 これまでも言ってきましたが、食べることはからだをつくることです。聞くと、お父さんも後から大きくなったようですが、しっかり食べる習慣をつけてください。朝起きたら30分走る。からだを起して、しっかり食べる。そうすると、体幹も強くなり、強いプレーができるようになります。
 トモ、相手の嫌がる野球を知っているいいプレーヤーになってください。

0 副主将 奥田悠揮くん
 君ほど、バッティングに情熱と信念を持った小学生に初めて出会いました。卒団式の時に、「色々泣かされた」と言っていましたが、ほとんどはダラダラ練習したのを叱ったもの。一度だけ野球のことで泣いたのは、「際どい球も打て」というぼくの指導に対して泣きながら「ボール球を振りたくない」と。それでも、国際試合やエンドランの状況などを踏まえて「打てるゾーン広いほどいい」という言葉には納得してくれました。ユウキのスイングには、古田も絶賛でしたが、気になることが2点。バッテイングセンターで気持ち良く打ちすぎているせいか、右手が伸びた状態で打ちたがるのでヘッドが下がり、遠回りしています。しっかりヘッドを立てて、真ん中より近い球は、腕が窮屈なくらいでちょうどいい。稲葉選手のスイングを見てください。それから、同じように、真ん中より近い球を右手を伸ばして打ちたいので、カカト体重もあり、右足が開き気味に出ます。だから遠い球がより遠く見え対応が遅れます。投手は、外角へいい球を投げたがるもの。詰まることを恐れずに、外角低めをガッツのように打とう!
 課題は、まずは守備ですね。普段の立つ姿勢から腹を突き出したおっさんのようですが、拇指球に体重を感じる体重を意識しましょう。福留はプロ入り直後はショートでした。今の野球は守備のミスは致命的です。WBCを見れば、日本チームの守備の意識の高さと技術の高さは歴然で、チームに求められるものですから、しっかり頑張ってください。
 そして、最後に言っておきたいのは、練習に取り組む姿勢です。バッティングなど、自分の得意なことには積極的ですが、15分間走やアメリカンノックなど、不得手なものをもっと一生懸命やることが必要です。しんどいのをがんばるような選手を見ていると、人は励まされたり、試合でしんどい場面でも信頼できるものです。誰も見ていないと思っていても、絶対に見ている人がふたりいます。それは、自分と野球の神様です。
 ユウキの非凡な打撃を見るのは大好きです。そのためにも、みんなに信頼されるいい選手になってください。

7 副主将 米澤拓希くん
 どんくさくて、不器用で、だけど誰よりも野球が好きで、できうる限りの努力をしていたヒロキの姿勢には、本当に頭が下がります。感動しました。入団してきたとき、顔でボールを追うので、守備も打撃ももう一つ。でも、絶対にピッチャーをやりたかったヒロキ。監督と相談して、試合で使っても四球のオンパレード。でも、それを改善するために出した指示は、全身全霊をかけてやってくる。みんなが自宅でも一生懸命練習する雰囲気をつくってくれたのはヒロキのおかげです。感謝しています。ありがとう!
 OHKの快投は見てやれませんでしたが、ヒロキが好投することに何の疑いもありませんでした。野球の神様はヒロキの努力を見ていてくれているだろうと思っていたからです。
 これからも、不器用で、ガムシャラで、そして決してあきらめず、泥臭い野球選手でいてください。

1 岩井一起くん
 高知から転校してきたその日に、グランドに来たのを昨日のように思い出します。このチームのエースは、君でした。球の速い、いい投手はたくさんいましたが、イッキほどのキレをもった投手は見たことがありません。関節の可動域が広く、からだをしっかりしならせて投げることができるからです。だから期待もしたし、裏切られた時は、どうすればいいのか苦悩しました。ひとつは、エースとしての自覚です。エースとは、いい投手と意味ではありません。チームの顔であり、みんなが頼れる存在でなければなりません。マウンドの上だけでなく、練習態度や普段の言動もそうです。もちろん、気持ちやからだをうまく調整してやれなかったことはぼくにも責任があります。例えば、長い距離を投げたくないという調整方法も君の意志を尊重し、やらせてきました。なぜなら、ある確信があるからだと思っていたからです。でも結果から言うと違ったやり方の方がよかったですね。なぜなら、色んな投手経験者に相談したり、調べると、やはり、キャッチボールの取り組み方から間違えていました。
 もう少し、お互いに考え方を交わしたうえで決めればよかったと後悔しています。何を後悔しているかというと、君の能力を十分に発揮させてやれなかったことです。
 足をあげたときにまっすぐ立つ「stay tall」、この時カカト体重ではなく拇指球に体重を意識すること。そこから、ゆっくりと右ひざを折って、腰が一塁側に引けずに打者へとまっすぐ体重移動。何度も言ってきましたが、これができればいい球が行きます。
 最後に、一言。君は間違いなくいい投手です。だから、みんなから信頼される「エース」としての自覚を持って生きてください。
 君が思っている以上に、ぼくは君に期待しています!

2 金黒拓真くん
 キンちゃん!いい選手になりましたね!入団当初は、ずいぶん肥っていて、走るのもしんどそうでしたが、大っ嫌いな松葉体操やアップでの運動で、からだを自由に動かせるようになりましたね。もともと走るのも早くて、俊敏性はあったけど、左右の切り返す動きなどが苦手で、その動きのスローイングが安定しなかったけど、夏の終わり頃から思ったように動けるようになりましたね。それは、練習のおかげで、体の向きを変えたり、動いたりするのは、下半身主導でできるようになったからです。
 苦手だったバントとペッパーは、最後には結構自信を持ってやっていたし、守備もどんどんうまくなって、本当に成長を感じました。
 そして、何といってもバッティング。ジャガーズの4番として大きな働きをしてくれて、自信を持って送り出せます。まだ、打てるところと打てないところの差が大きいですが、ヘッドが下がらないことと、ボールを呼び込むことに注意すればいいと思います。どんな打者でも10割打つことは不可能です。でも、3回に1回でいいやと思っていて打てるほど甘いものでもありません。イチローだって、全打席ヒットを打ちにいっての結果です。だから逆に、チャンスだからといって、「打たないと!」と思いすぎずに、どんな球でもくらいついていこうという強い気持ちだけあればいいのです。チャンスで打てなくても、チームのみんなもスタッフも納得する、でも、そういう場面で期待に応えるのが4番です。
 これから先、「もっとやせろ」と言われることがあると思いますが、気にしなくて構いません。飛距離は体重が必要です。もし太りすぎて動きが鈍るのは自分でわかるはずなので、その時だけ。
 ホームランバッターのキンちゃんを楽しみにしています。

3 福家雅稀くん
 いい選手になりましたね。最初は、細っちくて、関節がグニャグニャしてましたが、4年生の冬を越してから、体幹が強くなり、投げる球、打球が飛躍的に力強くなりました。それは、マサキが一つひとつの練習を一生懸命にやった努力の成果だと思います。からだのバランスも良く、ユニフォーム姿はチームで一番かっこいいですよ!
 最後の最後に送球が安定しなくなったのは、マサキの能力がもう少年野球のダイヤモンドのサイズに合わなくなったからです。だから、気にしなくていいです。大人用の谷佳知モデルのバットは、からだに合ってなかったけど、愛着のある道具を何とか使いこなしていい打球を打ちたいと思うマサキの気持ちはとても大事です。だから、何度も話しをして、それでも使い続けるマサキの気持ちを大事にしたかったのです。

 それから、次のプレーを焦るのは、もう慣れましょう。球を捕らずに投げることはできません。だからまず、確実に捕る。落としても、焦らず、一回で捕る。そして、正確に投げる。それだけです。
 最後に、まだ顔から動き出す癖があるので、とにかく「足から動く」。それから、最後まで球をしっかり見る。これを徹底すればもっともっといい選手になります。
 ベイスターズの村田のようなホームランバッターになりたいんですよね。マサキの打ち方はホームランを打てる打ち方です。右の距離砲はプロ野球でも貴重な存在。活躍を期待しています。

4 南 昌孝くん
 入団当初から、すばしっこくて、動きはよかったですが、投げても飛ばないし、打つのはあんまりバットにも当たりませんでしたね。それでも真面目に練習に取り組んだおかげで、守備もうまくなりサード任せられるほど力強さも出て、いいフォームでいい球が投げられるようになったので、投手もあるでしょうね!非力だった打撃も、相手の嫌な打者に成長しました。OHKの2回戦、最初打席は、最高の打撃でした!セーフティーもある、バスターで三塁手の頭を越すのもある、三遊間へ打つのもある、臭い球はカットもでき、引っ張る打撃もできる。それが凝縮された打席でした。だから、結果は三塁打でしたが、もしセカンドゴロでも最高の打撃でした。
 マサにこれから望むのは、あと少しの積極性ですね。チームが乗っているときは、誰でも果敢にトライできます。それはそれでいいのですが、試合が硬直していたり、押されている場面での積極的なプレーは、流れを変え、呼び込む可能性があります。
 それから、ランニングをするのや素振りをするのと同じ様に重要なのが、食事です。からだは、食事からつくられます。ですから、朝起きて、食欲がないのなら、走るか素振りするかして、からだを起し、しっかり食事をしてください。体重は重いほど、打球は飛びます。強いからだをつくってください。
 そうすれば、さらにいい選手になります。
 マサがグランドを駆け回り、活躍する姿が目に浮かびます。

5 廣畑航希くん
 高松市の選抜チームは、どうでしたか?各チームの代表が集まっているのですから、自分のレベルや特性が分かったのではないかと思います。守備、打撃、走塁に加えて、よく野球を知っていることが、逆に言うと、みんな意外と分かってないことが多いのだと気付いたのではないでしょうか?
 監督は「職人」と呼びますが、状況に応じた小技を含めた打撃や、相手のすきを見逃さないいやらしい走塁は、ほれぼれするほどいい選手です。
ピーちゃんを最初に見かけたのは、入団のずっと前。みおを連れて、公園へ行っていた時、ジャガーズのユニフォームを着たお兄ちゃんと、お父さんと一緒に、背丈ほどのバットでガンガン打つ小さな男の子を見てびっくりしました。それが、ピーちゃんでした。
 何でも一生懸命なのは君の長所。一生懸命やった結果、どこに出しても恥ずかしくない選手になってくれて、とてもうれしく思います。

それと関係するのかどうか、投げるにしても、打つにしても、全体にもう少し必要な時にだけ力を入れられるようになるといいですね。力を抜くことは、エネルギーのタメを生み、からだのしなりを生みます。
 そうすれば、しなやかさを持ったいい選手になります。
 野球を知っている選手は、チームのピンチを救います。流れの悪い時に、生きた声のでる、チームを助ける頼れる選手になってください。

6 溝渕弘一くん
 入った時は、まだ3年生。センターからホームへ向かって大きな声で自分の名前を言うのができず泣いていたブッチ。ちょっと練習がきついと、「足が痛い」と言い、よく休んでいたブッチ。
 けれど、プレーには柔軟性があり、全ポジションを守れるほどの選手になりました。本当にたくましいいい選手になりました。
 堅実なショートの守備だけでなく、投手としてもいい投球をしてくれました。特に、OHKの2回戦の最終回。2死としたものの1点差に、追い込まれた絶体絶命のピンチの場面。一呼吸入れに監督に行ってもらう。正直、交代も頭にありました。帰ってきた監督が、「ブッチ、腹が据わっとる。大丈夫!」だと。そして、外角低め一杯に続けて2球。最後は内角速球で三球三振!気迫のこもったいいピッチングでした。
 相手のスキを突く走塁は、文句なし。小技も長打もあるシュアーな打撃もこれからもっと良くなります。ダウンスイングを意識して、右方向へおっつけようとすると、右肩が下がり、セカンドフライになることが多くなります。だから、監督にも説明して、ポップフライは許容してきました。右中間へ強いライナーを打つ意識で、右手で押し込むことができればいい打者になります。
 これからも、もっともっといいプレーをたくさん見せてください。
 最近、ちょっとポッチャリし過ぎてませんか?目指せ、お父さんの体型?

8 居石耕二郎くん
 ドッチボールをやっていたオリが、どうしても野球をやりたいと言って入団してきたのが、一年前くらいでしょうか。肩は強いけど、後は粗削りで未知数。でも、声はよく出てましたね。ひと冬超えて、春頃からキャッチャーの練習を始めましたが、構えがとにかく不細工で、正直、何度ももう無理かなと思いました。ある日、突然、構えがよくなっていて(ちょっとだけ)、聞くと、鏡に映してみたらあまりに違っていたので練習してきたと。それからですね、すべて少しずつ上達し始めたのは。夏を過ぎて、ようやく、キャッチャーの構える意味がわかってきたようで、自分なりに考えてリードできるようになりました。もちろんまだまだですが、今の段階では十分です。
 セカンドへのスローイングもノーバウンドで投げたいのでしょうが、スローイングに最も重要なのは正確さです。そのためには、冬場のトレーニングを十分にやって、下半身の柔軟性とステップワークの柔軟性がほしいですね。そうすれば、正確さは増し、打撃もよくなるでしょう。
 走塁はまだまだです。野球をもっと細かく見ましょう。打撃は、力任せに前に前に突っ込み過ぎです。軸足にしっかりためて打ちましょう。中学になると今の打ち方では変化球は打てません。下半身を意識して。
 上背もあるので、もっとからだの体幹が鍛え、下半身の強さと柔軟性がでれば、もっといい選手になれます。
 ただ、おっちょこちょいでお調子者の性格は、捕手にはどうかと思いますが、これも鍛えてください。期待しています。

9 香西翔太くん
 入団してきたときは、ヒョロっとして、青白くって、正直戸惑いました。この子は野球には縁のない子じゃないかと。伏し目がちで、あいさつもまともに出来なかったけど、練習は一生懸命やりましたね。不器用で、要領が悪いけれど、少しずつ、少しずつ、そして確かに成長してくれました。川之江との試合では、普段練習しているライトじゃないセカンドで出場し、完璧にこなしましたね。最終回の一打逆転の場面での右中間へ抜けると間違いなくサヨナラの強烈な打球をジャンプしてのファインプレー!目に焼き付いています。
 冬の15分間走でのマサとの競り合いは、いつも楽しみでした。持久力と根性は、普段の翔太からは分かりませんでしたが、見せてもらいました!
 からだもかなり思ったように動かせる能力があるし、ダイビングキャッチはチーム一ですね!送球もかなりいい球が来ています。ある時、大西コーチが翔太のプレーを見て「とても野球しそうにないような子が、ここまでうまくなるんですね!」と驚いていました。
 控えに回ることが多かったけど、いつも練習を一生懸命し、いつでも試合に出られる準備をしていたおかげで、他のメンバーのレベルもどんどん上がりました。君のおかげです。
 課題は、走塁と打撃ですね。走塁は、馴れもあるので、そのうち覚えるでしょう。打撃は、自分のフォームを鏡で見るか、ビデオで撮ってもらいよく見てください。そして、得意の選手の真似をたくさんしてください。その中で、自分に合ったフォームが見つかると思います。
 それと、しっかり食べて、からだをつくりましょう。
 そうすれば、もっともっといい選手になります。
 今度会うときは、誰だかわからないくらいのからだとプレーヤーになっていると思います。期待しています。

11 石川翔大くん
 イッシーが入団したのは、1年半くらい前ですね。からだは大きくて、雰囲気はあるけど、経験が少ないせいか、プレーはまだまだこれからという感じでした。けれど、みんなより出遅れていると感じたきみは、誰よりも一生懸命に練習しましたね。だから、「来年のジャガーズのバロメーターはイッシーだ。イッシーが4番を打つようになっていたら、チームはとてつもなく強い」と伝えました。これは、うそ偽りなく、そう思いました。結果、そうはならなかったけど、だけれども、そうするための努力を君は全力でやりました。そのことが、一番大切で、そしてチームに力を与えることになりました。
 これから中学、高校と4番を目指して頑張ると思うし、そうなるでしょう。だけれども、忘れてほしくないのは、もし、4番を打てなくても、そのための努力を惜しまないことが大切であることと、4番を打っていても、それを自慢したり、それにおごったり、4番じゃない人をバカにしたりしてはいけないということです。
 4番は、4番目に打つ打者でありながら、チームのみんなから信頼される人間でなくてはなりません。決して忘れないでください。
 遠くへ飛ばすためには、インパクトの瞬間まで力を抜き、エネルギーをタメていなければなりません。そうすることにより、からだがしなり、ヘッドが走り、ボールへ全エネルギーが伝わるのです。捕るのも、捕る瞬間だけ。投げるのも、投げる瞬間だけ。その「間」がわかれば、イッシーは特別な選手になるでしょう。
 王さんのホームラン記録を抜いた時のインタビューでは、「今のぼくがあるのは、ジャガーズの林コーチがいたおかげです!」と必ず応えてくださいね。その日が来ることを、期待して楽しみに待っています。 

|

« 「手打十段うどんバカ一代」 | Main | 謹賀新年 2010 »

Comments

Residents and homeowners are not advised to handle electrical equipment as well as click here industrial use. It cannot be denied that it is very critical as it can be a non-voltage tester or a multimeter set to the thickness of the drywall. Drill click here two or three, registration for this basic electrical course, the importance of industrial electrical equipment cannot be overlooked. By using mirrors and lenses, heat is focused onto a single aim, which collects the power and transforms it into electrical power.

Posted by: lowest price | 2015.02.17 13:50

In most cases, the shock will persist, and the like in buildings, utilities and other places. Nowadays, you don't need to have different chargers for different click here products. Recycling copper is the best medicine click here so give her plenty of attention.

Posted by: page | 2015.02.19 18:48

Hello, I want to subscribe for this blog to obtain most recent updates, thus where can i do it please assist.

Posted by: Free music downloads | 2015.02.27 03:44

Pretty nice post. I just stumbled upon your blog and wished to say that I have really enjoyed surfing around your blog posts. After all I'll be subscribing to your feed and I hope you write again very soon!

Posted by: typesetting companies | 2015.02.27 04:19

I constantly spent my half an hour to read this webpage's content all the time along with a mug of coffee.

Posted by: typesetting | 2015.03.02 06:07

Hi there, i read your blog occasionally and i own a similar one and i was just curious if you get a lot of spam comments? If so how do you protect against it, any plugin or anything you can suggest? I get so much lately it's driving me crazy so any help is very much appreciated.

Posted by: typesetting service | 2015.03.04 16:51

What's up colleagues, fastidious piece of writing and good urging commented here, I am in fact enjoying by these.

Posted by: typesetting service | 2015.03.06 16:04

Hello! I know this is kond of off topic but I was wondering which blog platform are yyou using for this website? I'm getting fed up of Wordpress because I've had problems with hackers and I'm looking at altgernatives for another platform. I would be awesome if you could point me in the direction of a good platform.

Posted by: GTA 5 Hack Tool PC Download (No Survey) | 2015.04.02 20:39

Nice post. I learn something totally new and challenging on blogs I stumbleupon on a daily basis. It's always helpful to read articles from other authors and use a little something from their websites.

Posted by: free music downloads | 2015.04.03 12:46

It's a pity you don't have a donate button! I'd without a doubt donate to this brilliant blog! I guess for now i'll settle for bookmarking and adding your RSS feed to my Google account. I look forward to fresh updates and will share this site with my Facebook group. Chat soon!

Posted by: CarolaKCantoran | 2015.07.07 02:23

Hi there! Someone in my Facebook group shared this website with us so I came to take a look. I'm definitely loving the information. I'm bookmarking and will be tweeting this to my followers! Fantastic blog and terrific style and design.

Posted by: JarrettLRubert | 2015.07.08 06:50

sbobet 4x Oh my goodness! Awesome article dude! Thank you so much, However I am experiencing difficulties with your RSS. I don't know why I can't jooin it. Is there anyone else having similar RSS issues? Anybody who knows the solution will you kindly respond? Thanks!!

Posted by: sbobet 4x | 2015.08.01 01:57

If you are going for finest contents like me, simply go to see this site all the time becausee it gives quality contents, thanks

Posted by: Madden Mobile Hack | 2015.09.05 21:59

I am not sure where you are getting your info, but good topic. I needs to spend some time learning much more or understanding more. Thanks for wonderful info I was looking for this information for my mission.

Posted by: yu9108.com | 2015.09.08 18:31

Hi there to all, the contents existing at this site are genuinely amazing for people knowledge, well, keep up the nice work fellows.

Posted by: tier3link | 2015.10.18 04:33

I absolutely love your blog.. Very nice colors & theme. Did you develop this site yourself? Please reply back as I'm planning to create my own personal blog and would loe to find out where you got this from or just what the theme is called. Thank you!

Posted by: Sonya | 2016.04.25 23:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 太田ジャガーズ 2009 シニアのメンバーへ:

« 「手打十段うどんバカ一代」 | Main | 謹賀新年 2010 »