« 2009WBCが教えてくれたこと | Main | 快勝! »

2009.07.07

待望の勝利

どれだけこの瞬間を待ち望んだことか。

ヘッドコーチを務める少年野球チーム 太田ジャガーズの
公式戦初勝利。


個々の選手の技術はかなり高いものになっている。
チームとしても練習試合では強豪相手にも結果を残しているが、
公式戦でなかなか勝てない。

公式戦というプレッシャーは、子供たちにとってもかなりなものようで、
また、公式戦になると思いもよらない展開から崩れる経験が、
それを増幅させているようだ。

だから生きた声も出ない。

声で助け合うことができないチームは脆い。

それを踏まえて、監督、コーチは一切声を出さない練習試合も試した。

そして、少しずつ、互いを支えあう生きた声も出るようになった。

先週の最終調整の練習試合、強豪チーム相手に最終回を5-2の
3点差リードで迎えた二死満塁の場面。
ライトの主砲キンちゃんへの正面のゴロ。
捕ってファーストに投げれば試合終了。
セーフになっても仕方のない場面で、まさかのトンネル。
広いグランドを球が転々とし、5-6と逆転され、まさかの逆転負け。

相当に責任を感じたようで、60kgを超える巨漢の彼が、食事も進まないようで、
この日の朝も、緊張から食事ができなかったよう。

聞くと、開会式への車中、試合会場までの車中、みんな黙ったまま。

対戦相手は、木太北部ブルーホークス。
投手は右の本格派でそこそこ速い。
しかし、主力2選手が転向したようで、コマ不足は否めない構成。

普通にやれば、負ける相手ではない。
しかし、これまでも明らかに格下の相手に辛酸をなめてきた。

立ち上がり、制球の定まらないエース イッキ。
3回までに4点を奪われる嫌な展開。

その裏、足を絡めた攻撃で、3点を奪う。

2番手投手ぶっちが、2回を無難に抑え、迎えた攻撃。

無死2・3塁、一打逆転の場面で4番キンちゃん!
ここまでいい場面で2三振。

2ストライクを取られると、臭い球は打ちに行くように指示するが、
2打席目はとんでもないボールを振った。

打席に入る前、自分の絞った球だけ打てばいい、2ストライク後も
自分のストライクゾーンの球だけ行けばいいと、伝えた。

彼は、当たれば強烈な飛距離の打球を放つ。
最後に、「ホームラン打って来い!」と。

初球、きわどいコースへストライク。
1球ボールを挟んで、ファールで2ストライク。

いつもだと「広く!」と言うところを、ここはまかせた!
「キン、行けー!」
放った打球は、左中間の最深部、あわやオーバーフェンスという
逆転のツーベース!
さらに加点し、時間切れで初勝利!

泣きじゃくるキャプテン トモ。彼も強く責任を感じていたのだ。
そして、同じ思いの監督。
勝たせてやれない歯がゆい思いと重圧を、誰よりも強く感じていることを傍でいるぼくには
痛いほど伝わり、そしてそれを共有している。
涙が止まらない監督の涙を見て、そして、子供たちの歓喜の涙を見て、
ぼくも涙が溢れた。

それにしても子供たちは、野球とスポーツを通して、人間が何かを達成することが
簡単ではないことを身をもって経験し、確実に成長している。
そして、ぼくも子供たちを預かる立場として、
大変貴重な経験をさせてもらっていることに感謝したい。

まだまだジャガーズの快進撃はこれからだ!
次戦も、強い気持ちを持って、突破しよう!

|

« 2009WBCが教えてくれたこと | Main | 快勝! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 待望の勝利:

« 2009WBCが教えてくれたこと | Main | 快勝! »