« May 2009 | Main | July 2009 »

2009.06.26

2009WBCが教えてくれたこと

娘の所属する少年野球チーム「太田ジャガーズ」は、6年生12人、5年生19人、
そして、4年生以下は各学年数名ずつでしたが、
春以降、入部希望者が一挙に増えました。

今年中学に入学した世代に共通しているのは、少年野球の人口が少ないこと。
太田ジャガーズの卒業生もたった2名。
なのに、どの中学の野球部も入部希望者が激増したようだ。
今年の6年生は5年生からシニアの試合に出ている割合が高く、強豪ぞろい。
レベルの高い環境で野球をすれば、総じてレベルは上がるもの。

ここ数年、プロ野球中継が地上波で放映されることが減っているのに、
衛星での中継の視聴率が伸びている。
この要因を、ある新聞のコラムでは、不況の中、
30歳代~50歳代のお父さんたちが、残業や飲みに出ることが減り、
早々に自宅に帰るからだと分析していた。

しかし、この現象の要因は、やはり「WBC」。
野球というスポーツの面白さと、世界一になる日本野球の技術の高さを見せつけられ
野球の魅力を新たにそして、再び認識し、
自分もやってみたいという衝動が競技人口を増加させ、
あの世界の桧舞台で活躍した選手たちのシーズン中のプレーを見たい
という純粋な欲求が視聴率を、生み出しているのだと思います。

先週末は、合宿でした。

シニアのメンバーは、確実に技術のレベルを上げている。
しかし、「心技体」の「心」の部分はまだまだ。
WBCのような、各国を代表するような高い技術レベルの選手が集まっても、
チームとして「心」がひとつにならないと、野球というスポーツは勝てない。

出番がなくともベンチで、グランドで、誰よりも声を出していた川崎宗則は、
出場機会が訪れるとすぐに結果を出し、「ベンチで試合に出ていましたから」と。
なかなか結果の出ないイチローを励ますために、試合前の練習時、
亀井の提案で野手がストッキングを見せるイチロースタイルで無言のエールを送った。
そのことに、世界のイチローはどれ程心を支えられたことか。

今回のWBCは、野球という競技の素晴らしさだけでなく、
チームの一人ひとりが、それぞれを支えあう団体競技としての素晴らしさを

見せてくれたことが何よりの成果だと思う。
誰かが特別に突出していたわけでもなく、それに寄りかかるわけでもなく
結束したそれぞれの勝利への思いが、チームに勇気をもたらす。

チームメイトに対する発言は、家族へのそれでいい。
もちろん、心遣いは大切だが、ひとつのプレーに対する執着心は、
時には怒りを伴う言葉として発してもいい。
缶けりやケイドロなどの遊びで、ミスした仲間へは叱責が伴うもの。
仲間への作戦の指示も、真剣であれば自ずと声を伴うもの。
それが自然にできるといい。

いきいきとした生の声は、チームがひとつの仲間になった時に生まれるのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.08

惜別「宮武うどん店」

店を閉めるのではないかという噂を聞いて
慌てて駆けつけたのが2年前。

先週末、その噂がとうとう現実になった。

「宮武ファミリー」と呼ばれる、「ひやひや」「あつあつ」「ひやあつ」の
愛すべき呼び方を生んだだけでなく、
素朴で飾り気のない実直な、どこか懐かしい
田舎のうどんを代表するうどん店であった。

田尾さんの「恐るべきさぬきうどん」以降のうどんブームの功績は
さぬきうどんの魅力を多くの人に伝えただけでなく、
名店と呼ばれる多くの店の後継者問題を救ったことも大きい。

しかし、一方で、たくさんの店が暖簾を下ろしているのも事実。
ぼくがうどんを食べ始めた1998年11月3日以降でも、
決して忘れることのできない店々のうどんを食べることができなくなった。

番町の「久保」、飯山の「木村」、栗林の「松家」、錦町の「くぼた」、
瓦町の「讃岐家」、勅使町の「中北」、観音寺の「まり」。

そして、名店中の名店「宮武うどん店」。

さぬきうどんを意識的に食べ始めた上記の日に行ったのが、
「山越うどん」と、この「宮武うどん店」だった。

地理的な問題もあり、頻度高く通ったわけではないが、
うどんを理解するにあたり、原型を抽出する際に「宮武系」とすれば
確実にその輪郭がはっきりする特別な店であり、
ちょっと離れた老人ホームのばあちゃんに、
会いに行こうとは思うけれど、ちょっと無沙汰になってしまったら
もう会えなくなった、そんな感情である。

もちろんそれはそのうどんだけではなく、
映画「UDON」のモデルにもなった、大将の愛すべき人柄と
相伴って喚起される感情なのだと思う。

「体力の限界」なのだそうだ。

うどんは、すべてを機械でつくることができる。
しかし、小柄で細身の大将は、手で粉・塩・水を混ぜ、
生地を手でコネ、自らの包丁で切らないと
自分のうどんができないことを誰よりも知っているのだと思う。

「宮武うどん店」の店の佇まい、うどん、そして大将の顔を
決して忘れることはない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »