« WBC 第2ラウンド vsキューバ | Main | 優勝!WBC 決勝 vs韓国 »

2009.03.24

WBC 準決勝 vsU.S.A.

毎日野球のことばかり考えていた少年時代、
大好きなジャイアンツの日本シリーズを見ているようなドキドキ感。

米国監督は、長嶋茂雄が引退し、監督に就任する際、ジャイアンツ初の
外国人選手として2年間プレーした背番号5デーブ・ジョンソン。
打撃コーチは米国を代表するホームラン打者でありながら
ジャイアンツでもプレーしたレジー・スミス。
東海大相模時代から見てきた原監督、
そして打撃・守備の美しさにあこがれた篠塚がコーチ。
その時代に見ていた選手がWBC準決勝の場で、
それぞれのベンチで対戦するのは、日米の野球の時代の流れを感じる。

しかし、そんなノスタルジーを一瞬で吹き飛ばす
日本選手たちの気迫に満ちた顔。
 

Vs_usa_ichiro_2

 
出来れば、米国と当りたくなかった。
ベストチョイスといかなくても、やはりスーパースター集団。
前回大会では、イチローがピービから先頭打者弾を放ち、
アイドルを見るような眼差しの日本選手を戦闘モードにし、
善戦したがサヨナラ負けを喫した。
しかし、選手たちにそうした憧憬のようなものはなく、
目の前の対戦相手として捉えていたようだ。

先発の松坂は、これまで完璧な投球だが、本来は制球にばらつきがあり、
適当に荒れながら何とかゲームをつくるという投手。

初回、先頭のロバーツに甘いストレート、いきなりホームランを浴びるが
本来の立ち上がり!

2回、稲葉が四球で出て、1-3からヒットエンドラン。小笠原の打球は左中間に落ち、1・3塁へ。
たとえゴロでも進塁打という、こういう野球が大事。
福留の犠飛を狙ったレフトへのあたりは強風で浅いフライに。
城島は逆に、ライトにフライを打ち同点!

3回、2死からヒット、そして4番のライトに外角へのスライダーをうまく打たれ失点。
風の向きが勝敗に大きく関係しそうだ。
 
Vs_usa_kawasaki_2

 
4回、稲葉・小笠原が連続安打、続く福留の1・2塁間の強い打球を2塁手がはじき、同点。
城島が、またしてもライトへの犠飛で逆転!
ここは続きたい場面。岩村が右翼線へタイムリー3塁打!
これまでベンチでしっかりとゲームに加わっていたムードメーカー、初先発の川崎がこれまでのうっぷんを晴らすがの如くライト前へタイムリー!
イチローがさらに点を取りに行くため、ゴロで進塁打。
中島がうまく右中間へ運び、この回5点目とし6-2!

5回2死まで2失点で何とか試合をつくった松坂に代わり杉内。
いきなり三振を奪い、6回も落ち着いた投球で無失点。

7回田中マー君が無失点に抑えるも、米国投手陣から得点が奪えず。

8回、勝利の方程式、セットアッパーに馬原。
素晴らしいためを投げ込むも、抜けたフォークをうまく打たれ、そして四球も絡み2失点。

2点差とされたその裏、何とか点差を拡げたい日本の気迫の攻撃。
四球の福留を城島が手堅くバントで送る。
岩村はセカンドへのゴロで進塁打。ここは徹底している。
しかし、2死。得点が入らないこともよくある場面で川崎。
三遊間へのショートゴロ。名手デレク・ジーターは、川崎の足を警戒し、
ノーステップでスローイング。
これがやや高くそれた!セーフ!川崎の執念で1点をもぎ取った。

ここで、今試合ここまでノーヒットのイチロー!
イチローを師と仰ぐ川崎が2球目に盗塁!
そして、ベース上でワンバウンドするようなカーブをうまくすくい打ってライト前へ
川崎が生還!
さらに続く中島が右中間へ!ライトの緩慢な守備もあり、
イチローが一挙にホームイン!
9-4!
 

Vs_usa_darvish_2

 
最終回は、ダルビッシュ!
前回の韓国戦も体調は悪くなさそうだが3失点。
今日も細かな制球は微妙にズレる。
先頭打者は抑えたものの、絶好調3番ロリンズにヒット。
しかし、ここで気持ちを切り替えた。
あまり制球に神経質にならず、多少甘くなっても、
自分の球を投げ込むことを優先した。
吹っ切れた。
4番ライトを三振。

最後は、5番ダンを渾身の自己最速160kmのストレートで見逃しの三振!
素晴らしい投球で締めくくった!

初めてのクローザー。
今ひとつ調子の上がらない藤川に代わってのことだが、
藤川は複雑な思いがあるだろうに、調整方法をアドバイス。

それぞれの選手が、ゲームに勝つためにその場面で自分が何をすべきか
その意識が徹底している。
「ここまで意識の高い選手がそろっているわけだから、驚くことではない」
とは、イチローの言。

 

Vs_usa_2

 

初先発の川崎だが、「ベンチですべての試合に出てました」。
そりゃ試合に出たいのが本心。でもこういう選手がいると団結力は強くなる。
第一打席のセーフティー・バントは三塁手ライトの
ファインプレーでアウトになったが、文句なしの活躍!
これまでチームを引っ張ってきた青木に元気がなかったが、
今日は気持ちを切り替えてこれまでの自分らしいプレーをして欲しい。


岩隈の表情に気負いはない。
190cmの長身ながら、これまで大舞台では気弱なところを見せてきたが、
昨年の21勝、そして今大会の経験が、自信になっているようだ。
期待したい。

「戦う」そして「勝つ」という気持ちと、それぞれの責任と役割を果たせば、
優勝が待っている。

|

« WBC 第2ラウンド vsキューバ | Main | 優勝!WBC 決勝 vs韓国 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117221/44450696

Listed below are links to weblogs that reference WBC 準決勝 vsU.S.A.:

« WBC 第2ラウンド vsキューバ | Main | 優勝!WBC 決勝 vs韓国 »