« TV出演 3月1日! | Main | 「今日はお休み」 »

2008.02.29

unite

日本の女性建築家の先駆者といえば林雅子さん。

住宅を専門に、ゆっくりと丁寧に建築空間を紡ぐ、住宅作家である。

その林雅子設計の住宅が、香川に一軒だけある。

猪熊弦一郎現代美術館で行われた谷口吉生展の

谷口吉生本人による自作を巡るツアーの昼食の際、

その林雅子さん設計の住宅に住まわれる方と同席した。

名刺を出し、挨拶をし、建築設計を生業とし、「林」という姓であることを理解し、

「あなたも林さんなの?」と、林雅子大先生と比較され、やや見下された(笑)。

山本忠司の弟子であることと、手元にあったぼくの仕事のファイルを見て、

まあまあの建築家であると理解していただいたようである。

    

Unite001

その後の、猪熊弦一郎現代美術館での講演会や、

仲間の建築家の展覧会とギャラリートークにも足を運んでいただき、

興味を持っていただいたようで、25年前に建てられた病院の改修の依頼を受けた。

改修といっても、傷んだクロスと床材を張り替える工事。

決める要素これだけだが、工事範囲はかなりある。

建築の仕事は、多分にクライアントの嗜好によって相対的に善し悪しが決まる。

ずいぶん悩んだが、「林さんが、いいと思うように」という言葉をいただき、

結果、満足していただけた。

その後、いろいろな催し物で顔を会わせたり、狭い香川のこと、

共通の知り合いも多く、何かとご連絡いただく機会があった。

   

Unite002

ある日、賃貸物件についての相談を受けた。

ぼく自身も、投資目的の賃貸企画物件に強い興味があったので、

まずは、調べてみることにした。

賃貸専門の業者の企画内容は、思っていた以上に建設費が掛かること、

家賃保証や借り上げシステムも、かなり曖昧なものであることなど、

投資する立場からすると、間違えると大きなリスクがあることもわかった。

   

Unite005

詫間町という場所柄、いいものだから高くてもという設定にはならず、

ファミリータイプで55,000円×12戸という設定が導かれた。

建設費からすると、通常の専門業者だと鉄骨造となるところだが、

鉄筋コンクリート造でも、工夫すれば可能な範囲。

30年の支払いと入居率を下げないことを考え、鉄筋コンクリー造に。

そして、入居促進を効果的にできる管理態勢を考慮すべきことを伝えた。

利回りも含めた事業計画のお手伝いの中から、

同じお金を使うならその中で最大限魅力的な建築を、

ということで仕事として依頼を受けた。

   

Unite012

林雅子さん設計のご自宅のすぐ近く。

「近くにあるだけに、好きな建物でよかった、と毎日思います」

とお手紙をいただいた。

|

« TV出演 3月1日! | Main | 「今日はお休み」 »

Comments

You are so interesting! I do not believe I've truly read through anything like this before. So wonderful to discover somebody with some unique thoughts on this topic. Seriously.. many thanks for starting this up. This web site is one thing that is required on the web, someone with some originality!

Posted by: download free music videos online | 2015.02.27 06:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference unite:

« TV出演 3月1日! | Main | 「今日はお休み」 »