« 謹賀新年 2008 | Main | 国井律子さんと撮影 »

2008.01.13

50m走

昨夏の合宿、子供たちの体力測定の際、

高校以来、50m走のタイムを計りました。

高校時代のベストが6秒7。そのときの体重が63kg。

ちなみに身長は中学3年の夏から変わらず175cm。

特別遅くはないが、速くもない。

しかし、野球選手としては遅い。

プロ野球の入団テストの一次テストでは、

50m走を6秒5以内、遠投90m以上。

つまり、どんなに速い球を投げようと、

どんなに巧いバッティングができようと、門前払いのタイム。

野球の世界では、6秒前半は平均的なタイム。

俊足と呼ばれる選手は5秒台で走る。

野球を続けなかった理由の一つには、

足の遅さをコンプレックスに感じていたことも事実。

4年前のピーク90kgから運動をはじめ、昨夏の時点で75kg。

あれから23年、12kg増。はたして。。。。。

7秒3。

年齢と、体重からするとまあ健闘している方だとは思う。

だが、是が非でも、今年は6秒台で走りたい。

いくら、年々体が動くようになっているとはいえ、

6秒台で走るのは、さすがにもうラストチャンスだと思う。

ちなみに、50mを7秒で走ったとして、

0.1秒当たり約70cm。

0.4秒縮めるには、おおよそ3m分速く走る必要がある。

これは、結構大きい。

アップシューズで走ったので、今度はスパイクで走る。

まずは、体重を60kg台にしなければ難しいと思う。

年末年始は飲む機会が続き、例年、増量する。

しかし、今年は減量を考慮し、無茶食いせず、

何とか正月も乗り越え73kg。

今、子供たちは、俊敏性を高めたり基礎体力づくりのシーズン。

サーキットトレーニングに部分的に参加するが、かなりきつい。

しかし、春までにしっかり基礎体力をつけ、

夏の合宿に向けて、走力を高めたい。

怖いのはケガ。

じゃあ、何でそこまでして6秒台で走りたいのかというと、

客観的に見て、6秒台は41歳にしてはかなり速いタイムと言える。

走るのが遅かったぼくは、なんなら、計測間違いでもよいので、

「オレは、50mを6秒台で走る」と言いたいのだ!

|

« 謹賀新年 2008 | Main | 国井律子さんと撮影 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 50m走:

« 謹賀新年 2008 | Main | 国井律子さんと撮影 »