« 讃州屋 | Main | 謹賀新年 2008 »

2007.12.29

2007

今年も残り僅かとなりました。

本格的に40歳台へと歩み始めた2007年。

本厄にあたり、基本的にはおとっちゃま(讃岐弁で臆病者の意)なので、

何が起こるのか不安の中でのスタートでした。

節分までが、本厄ですので、まだ一月以上ありますが、

仕事の方は、怖いくらいに順調でした。

予定どおりに計画が進まないことはままあることですが、

今年は、姉歯の事件を受けて、6月20日以降、建築確認申請が複雑になり、

請負工務店が決まっても、着工の期日が読めない状況。

また、中国バブルに加えて、原油の高騰と首都圏の建設ラッシュによる、

建設物価の高騰。

そうした中で、クライアントに納得していただける範囲の

仕事ができたのではないかと思います。

現場、計画を含め、常に十数件の案件をクオリティと信頼をもって進めるためには、

タフな精神力が必要でした。

明け方から、仕事の段取りが勝手に始まり、

ひどい時には2時過ぎに目が覚め、そのまま仕事。

通常、6時前には目が覚め、事務所へ向かい、

午前中で、その日の仕事をスタッフと確認。

仕事の合間を見て、朝、週に3度は体を動かし、

週末は、可能な限り、同級生のソフトボールチームの練習、

そして、娘の野球チームのコーチへ。

気力を保つために、体力を維持する必然は、

過去の体験から痛いほど分かっています。

大好きな野球を存分にできることが何よりのストレス解消。

年末に、3件の竣工と、2件の請負の調整、実施設計と重なり、

慌しく、本年竣工の7つのプロジェクトをまだ紹介で来ていません。

準備が整い次第、来年度、紹介したいと思います。

では、皆様よいお年をお迎えください。

|

« 讃州屋 | Main | 謹賀新年 2008 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2007:

« 讃州屋 | Main | 謹賀新年 2008 »