« ほへと生年月日占い | Main | そーめん »

2007.06.09

吉田 都

娘が3歳のときにバレエを始めた。

表現することに抵抗を持たないように、

音楽に合わせてからだを動かすことを、と思い薦めた。

後輩のお母さんが営むその教室は、発表会も無い。

そして、かなり躾が厳しい。

だからいいと思った。

さしてバレエそのものに興味があったわけではないが、

からだの動きを極限までに意識して制限し動くことは、

それなりに意味があるように思えた。

9日、高松で、吉田都がゲストプリンシパルとして

熊川哲也のKバレエ カンパニーで踊った。

本格的なクラシックバレエの舞台を見たのは始めてである。

十数年前、コンテンポラリーの巨匠マース・カニングハムの

高松での公演は体験した。

バレエとは、誰が何のために踊るものなのか、

また、ストーリーは必要なものなのか、

そのストーリーと関係なく踊るシーンは必要なのか、

技術と表現を融和させようとする必要があるのか、

たくさんの疑念を抱きながら見た。

吉田都が同じステージの他の誰よりも優れていることは

素人目にも明白だった。

彼女だけが自分の「間」を表現していた。

基本的な技術に支えられた正確無比な動きが、

逆に、ゆったりとした繊細で優美なやわらかい空間を生み出した。

卓抜した技術を持つものが陥りがちな、これ見よがしなところが無く、

全ての動きを高速で意識し、コントロールしていた。

そして、さらに驚いたのは、彼女はまもなく42歳を迎えることである。

1歳年上だ。

あの動きを生み出す肉体!

生活を、生き方そのものを厳しく制御しなければ出来ない業。

吉田都自身の言葉でそのことは語られている。

「バレリーナの稽古は、技術を磨くことではなくて、

 自分を磨くことです。

  終わりのない自分との闘い。」

|

« ほへと生年月日占い | Main | そーめん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 吉田 都:

« ほへと生年月日占い | Main | そーめん »