« 水面の朝 | Main | house hu »

2007.02.27

がんばれ、ノリ!

父方の祖父の名は、幸三郎。

伯父は、幸治。父は、幸信。叔父は、幸義。

ぼくは、幸稔。弟は、幸靖。姉は、由紀。

いとこは、治代・幸代・幸穂・美幸・幸海・さちえ・幸史郎・早苗。

親戚の間では、多くの人が、「幸」を省いた名前で呼ばれる。

「ゆき」としか呼びようの無い姉を除いて。

ぼくは、「ノリ」。

野球好きな父が、家にいるとTVは巨人戦。

居間から離れていても、得点したのか、ピンチを乗り切ったのか分かる。

肉厚の手が、力のこもった音を出す拍手。

もの心ついたときから将来の夢は「プロ野球で活躍すること」。

中学3年で野球の道をあきらめるまで、可能な限りの努力をした。

大袈裟に言えば、人生の全てだったといってよい。

中学の野球部には、13クラスから80人を超える人が、入部。

2番 キャッチャー。

市新人戦 準優勝、市総体 3位、県総体 優勝、四国大会 3位。

県大会4試合で、打率.455。3打点。

まあまあの選手だったと思う。

「プロで活躍」することへの、期待より不安が増したのか、

ずいぶん悩んだが、野球を続けることをあきらめた。

数年前からまた野球を始め、ぼくよりずっと、

野球に深く関わってきた人たちに触れる機会が増えた。

甲子園経験者、プロに片足が掛かった人たち。

すごい。が、プロにすら成れなかった。

プロに入る人たちは、本当に才能と運に恵まれた選ばれし人たち。

その中でも、活躍する人は、わずかひと握り。

昨年末、オリックスの中村紀洋選手が、球団の失礼な対応が発端となり、

球団を離れ、育成枠という、プロではない立場にやっとなった。

メジャー挑戦時から、処世下手な感は否めないが、

野球選手としては、優れた才能を発揮する稀有な存在である。

試合中の怪我で、たった一年成績が悪くなったが、野球に取り組む姿勢、

積み重ねた実績からチームに与える計り知れない影響力。

一年の成績に応じ、年俸を決めるなら、入団1年目で13勝した投手は、

2億円の年俸をもらうことがあるのか。ありえない。

師と仰ぐ落合監督の付かず離れずの恩、あるレベルのものだけが通じ合う

リスペクトを感じながら懸命な姿勢を見せる。

ひげを剃り、頭を丸め、バットを振り、球を追う。

似ていると言われるたびに困惑していたが、今は違う。

がんばれ、ノリ!

|

« 水面の朝 | Main | house hu »

Comments

Hello there! This is my 1st comment here so I just wanted to give a quick shout out and say I really enjoy reading your articles. Can you suggest any other blogs/websites/forums that deal with the same subjects? Thanks a ton!

Posted by: b andrew smoley | 2015.09.23 11:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference がんばれ、ノリ!:

« 水面の朝 | Main | house hu »