« 家族 と 住宅 | Main | 「UDON バイブル」 »

2006.08.08

「竹清」

ベネッセは、安藤忠雄設計による研究施設とホールを

東大に寄付するようだ。

ベネッセの営業担当は、親友Iさん。

先日その彼が、現場担当者を案内して、

直島の一連のベネッセの仕事を視察するために来高。

空港から直島へ昼食のみで直行。翌日も合う時間がなく、

「竹清(ちくせい)」へ同行することに。

「竹清」のお母さんは、彼の高松のお母さん。

結婚の報告も兼ねて。

土日祭日休みで、いつも行列のこの店はぼくも久しぶり。

この店は、うどんと共にてんぷらが絶品。

香川のうどんやのてんぷらは、うどんの粉を

てんぷらにも使うので、ボテッとした衣が多い。

これはこれでうまいが、「竹清」のてんぷらは本格的。

有名な半熟卵のてんぷらは、ここのお母さんのオリジナル。

冬場の「もちのてんぷら」も絶品!

行列に加わると、順番にてんぷらの注文を取ってくれる。

開店時に用意したてんぷらはあっという間に無くなる。

ぼくは、塩コショウが効いていて、ぷりっぷりの「ゲソ」と、

ちくわと玉ねぎのコンビネーション、

「玉ねぎ・ちくわ・玉ねぎ・ちくわ・玉ねぎ」の

「玉ねぎ」が好き!

機械のように正確な動きを刻む大将は「マスター」と呼ばれ、

その大将がつくる、けれんみの無い、実直なうどんはうまい。

うどんは湯がかず、しょうがはたっぷりと!ねぎも多めに!

だしは、必要なだけ装う。

うどんだけを一気に食べる。

オプションを間で食べることは絶対にしない。

食べ終わると、だしだけを足しに行く。

竹清のだしは、さぬきうどんの中でもトップクラスのうまさ。

うどんを食べた後のだしは、なぜだかまろやかになる。

てんぷらに醤油を軽くつけ、だしをくぐらせて食べる。

うまい!

先代「竹田清一」の名前から名付けられた「竹清」。

  

    

至極絶品である。

|

« 家族 と 住宅 | Main | 「UDON バイブル」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「竹清」:

« 家族 と 住宅 | Main | 「UDON バイブル」 »