« 「エナジー・ヴォイド」 | Main | 「竹清」 »

2006.07.31

家族 と 住宅

29日、30日とASJ徳島スタジオのイベントへ参加してきました。

その中で、こんな話になりました。

その方は、いろいろな建築家と呼ばれる方々とお話をされ、

ある建築家が、こう言ったそうです。

「子供はいずれ家を出るもの。だから、子供のことは考えなくてよい。

 夫婦おふたりの生活を主眼に設計をしましょう。」

「こう言われたのですが、どう考えられますか?」と奥さん。

お子さんはもうすぐ2歳の子供がひとり。できれば、あとふたり。

それより多くてもいいと思っておられるご夫婦。

子を持つ親なら誰でも経験することですが、

ひとりでは何もできない子供に親は日々振りまわされます。

他に助けを求められる人のいない核家族での生活なら、

子供を中心に家族が動いているといってもよい程。

子供と親は不可分な関係。

子供の成長と共に親は子供から多くのことを学びます。

そして、段々と「親」に成ってゆく。

今や家族が家族であることが非常に困難な時代。

「家族」は最初からあるのではなく、「家族」に成っていくもの。

その器としての「住宅」は、家族の関係に大きく関わるもの。

建築の設計に携わるものは、その「家族」の在り方に

社会的な責任が当然あります。

しかし、残念ながら大学でもそのことは教えません。

ある限られた建築家が社会学などを拠り所にしながら、

様々な家族のあり方に対する試みを続けています。

「住宅」は、「家族」という共同体を培養する器。

だから、責任は重く、

だから、職能としての意味がある。

|

« 「エナジー・ヴォイド」 | Main | 「竹清」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117221/11164712

Listed below are links to weblogs that reference 家族 と 住宅:

« 「エナジー・ヴォイド」 | Main | 「竹清」 »