« モネ | Main | 奔走 »

2005.07.05

「谷口吉生のミュージアム」展

Mimoca01
7月10日より、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で、
谷口吉生展が始まります。
5月にNYのMOMAの改修を終えた、谷口さんの巡回展。

谷口吉生は、父に建築家谷口吉郎をもち、丹下事務所を経て、
独立後は、数々のミュージアムを設計。

その中でも、丸亀のMIMOCAはその後の作品を
方向付けたマイル・ストーン!

建築・美術関係者から高い評価を得ていることはもちろん、
アーティストの憧れの地であるところが他の追従を許しません。
多くの「近代」美術館は、もはや古典となり評価の固まった
作品を見せるいわば「殿堂」ですが、
MIMOCAは、本当の意味での「現代」美術館で、
現役のスター・プレイヤー(アーティスト)の
作品を見れることが素晴らしい!

しかし、財政難のなか、日本のほとんどの公共美術館は、
運営の危機を迎えており、イナカモノ丸出しの市長が
2選してしまったMIMOCAも例外ではなく、
「開かれた美術館にするべく、市民の作品も展示せよ!」
との愚令が。。。。

切れ者学芸員のUさんもキレてます。マジで。。。

9月25日までですが、
「いつまでもあると思うな親と展示期間」
お早めに。

|

« モネ | Main | 奔走 »

Comments

Hello, its fastidious piece of writing regarding media print, we all understand media is a enormous source of information.

Posted by: travel jakarta | 2015.09.13 00:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「谷口吉生のミュージアム」展:

« モネ | Main | 奔走 »